space station V

#034[Space Station V]完成

PR

映画「2001年宇宙の旅 2001: A Space Odyssey1963米)」より「Space Station V」…宇宙ステーション5です。2012/11/30up

D

D2

映画では名曲「美しき青きドナウ」をBGMに"美しく青き地球"をバックにゆっくりと回転する姿が描かれています。しかしながらここで注目したいのはSpace Station Vが「建設途中」であるということ…前面の純白のリングに対し後方のリングは赤い鉄筋をむき出しにしています。
原作や脚本的には「核戦争前夜で国際的な宇宙開発は中断…」とかあるのかもしれませんが、造形的にこの建設途中という姿が非常に美しい(面白い)と思います。もしこれが前後のリングとも完成されたものだったらと想像してこのシーンを見るとなんとなく味気ないものになる気がします。

B

C

uhu02作としては珍しくノンスケールではなく、一応1/1000です。直径300メートルということなので、30センチですね。
ペーパークラフトではこの建設途中の鉄筋をいかに紙で再現出来るかということを一つのテーマにしてみました。
また一見簡単そうな前面側リングも映画を見るとカメラが「こんなに寄るの?」という位に、前後のリングの間をすり抜けて複雑な細かいディテールを映し出しています。
この細かい構造物~窓の位置までなるべく忠実に描きこみました。
そのため型紙製作にかかった時間はuhu02作品中でも最長の9か月でした。(夏場は釣りのためになおさら作業が遅れたのだけど…汗)。…同時進行作が多かったのも記録的ですね。「1億分の1の地球 ペーパークラフト 1/100000000Earth」→「#031[Barbarella's spaceship」→「1960年代生まれのための日食観察メガネ」→「#32[金星ガニcucumber monster]」→「R3PO(未完)」→「#033[Maintenance Drone01 “Dewey”]」…長かった…

D3

PR

組立の難易度もかなり高いです。鉄筋部は型紙の両面印刷から始まり、神経をすり減らす「くり抜き作業」、ゲージを使ったエレベーターとの接続と調整…最終段階での前後16個のケーブル作成と取り付け。
かなり精神力が試されます。(心が折れそうになります)…その分、目の前に立体構造物として完成すると、「これが2001年宇宙の旅の宇宙ステーション(建設途中あり!!)か」と感慨深いものがあります。…キューブリックは宇宙空間を表すために手前から奥まですべてにピントの合った映像を残しましたが、逆に宇宙ステーションの「奥行」が描ききれなかったな…という発見もあります。(それほど立体化したステーションは迫力がありますhappy01)

D4

型紙はA4サイズで30枚(1/100ということでかなり贅沢なパーツ配置…紙のロス大。)です。

E1 E2 E3


ダウンロード終了download→end


E4 E5

 裏側印刷用・・・・・・・・・・・・・・・・・・

E6

 オプションdetail up用 切り抜いて使用(使えそうなパーツをピックアップ、集約しました。)・・・・・・・

製作記事 How to make 010203040506

最後になりましたが今回も…今回は特に…長期間にわたりあたたかい応援のコメントをいただきました。takakoinochiさん・ムズさん・chandler2001さん・Luis Hojoさん・クリスタルボーイさん・Konchanさん・ふがじさん・奥出雲人さん・TACBONさん・佐々木正仁さん・sato at kobeさん・まつさん・アカハヤシゲオさん・zenさん・ドッペルゲンガーさん・ガッハ商会さん・Steve Kirkmanさん・マキノさん・Fujimori.mさん・まっき~さん・銀河帝国司令官ヘル さん・藤橋恒雄さん・銀座カレーさん・モリヤンさん・あめふらしさん・manmaluさん・tf0190337280さん…ありがとうございます。おかげさまで「Space Station V」…宇宙ステーション5完成です

F

PR

| コメント (32)

Space Station V 組立(6) ケーブル取り付けから完成

PR

長かった(3月の構想から)Space Station Vもいよいよ完成が近づいてきました。
先回作ったケーブル(アンテナ?)の取り付けを行います。
ただ…先回のケーブル作成記事を受けて貴重な意見をいただきましたので紹介します。まず新潟(長岡)のベテラン藤橋さんからのアドバイス「アンテナの作り方で糸を利用なさったことが書かれておりましたが私のミニ帆船の製作に糸をボンド加工して作っている部分が多々あります、非常に効果的な方法と思いますがさらに強度を必要とする場合瞬間接着剤を使用すると良く出来ますのでお知らせいたします」…なるほど瞬間接着剤なら木工ボンドよりピンとしたものが出来そうですね。
続いてjohn dartさんから「have you tried the way paper model ship railings are made? They are fairly easy…」

158

…なるほどこういう手もあるんですね。勉強になります。
貴重なご意見ありがとうございます。SSVを作る人は是非参考にしてみてください。

さて「ピンピン糸(木工ボンド)」を使用したuhu02版の製作をつづけていきます

160

…ケーブルの取り付けを開始したところでちょっと気になる部分の修正を行いました。エレベーターは紙の厚みによる誤差で設計より若干長くなっています。前面のリングは強度が十分あってエレベーターを押し込んでも歪まないのですが、後方の工事部のリングはエレベーターを取り付けるとエレベーターが突っ張ってしまい〇ではなく◇気味になってしまいます。そこで一度エレベーターを取り外し先端の部分を0.3~0.5mmほどトリミングして改めて取り付けました。↑

161

↑ハブとケーブルの接続部分のモールドのパーツ151を貼り付けます。

162

↑ケーブルを台紙からハサミで取り外します。ケーブル基部に取り付けやすいように写真右の様に「脚」の部分を広げてやると後の作業がしやすくなります。↑

163

↑リングは縦に持つと作業がしやすいようです(コタツに入ってやると布団が支えになってちょうど良い感じでした。…新潟はだいぶ寒いので「コタツ」で作業です)。基部の赤で示した部分にチョンチョンと糊をのせていきます(内側から外側に向かって着けます)。…写真がぼけてしまいましたがアンテナは一番内側になる部分をピンセットでつまみ外側(リング側)に向かって5か所の脚を基部に取り付けていきます。↑

164

↑ケーブルの先端、ハブ側はハブの基部の151に接する感じ、リング側は後で目隠しのアンカー部品を取り付けるので適当に…ただ、3本のケーブルのうち中央の細いケーブルは5番目の脚部分から斜めに折り曲げて他の二つとそろえるようにします。↑

165

↑前後のリングのエレベーターにケーブルが付きました。ケーブルはいろいろと気を使いがちな作業ですが多少歪んでも全体が揃うと見栄えがしますし、少しくらいの歪みはピンセットでつついて修正できるので、あまり神経質にならずにどんどん手を動かすのがキモですね。↑

166

↑リング側のケーブルのアンカーのパーツ23(なんで今さら23かというと、当初はもっと早い段階でリングに取り付けてここにケーブルを差し込む予定でした…)を取り付けていきます。折り目を付けて広げた状態でリングに3辺を貼り付けて最後にピンセットでチョンチョンとつついて四角くまとめる感じです。↑

167

↑ケーブルのアンカーの取り付けが終わった前後のリングです。最終コーナーの仕上げ段階ではちょっとした小さなパーツが取り付けられるたびにグングンといい感じになっていきますね。↑

168

↑用意されたパーツ(…どういう意味かは後程…)としては最後のパーツ152、リングの外骨(飾り羽根?)を取り付けます。二つ折りにしたパーツを切り取りエレベーター先端とリングに切り口で垂直に取り付ける形です。前リングの前後8か所と後ろのリング前後8か所です。↑

169_2

↑前後のリングに中間部を差し込みます(作例ではこの時点で、糊付けは後ろリング側のみとして前は糊付けしていません)。…↑

170

↑とりあえず(…どういう意味かは後程…)完成。↑お疲れ様でした。

ディテールアップをします…ここからは各人の好みで工作してください。型紙を適宜、再度印刷して切り抜いたディテールをタッチアップして貼り付けるだけです。…紙とインクがもったいないので要望と時間があればオプションパーツとして後程型紙を作ります

171

↑detail up その①…リング内側のブロック(パーツは19~22と99、100、102)…映画のイメージに近くなりますね。

172

↑detail up その②…ハブ正面部分の区分け(パーツは103、125)…だいぶメリハリがつきます…逆にこれが無いとのペットした感じかな…。

173

↑detail up その③…リングの階層の区分け…引き締まった感じになるかな…。

174

↑detail up その④…その他ハブ先端角の細々したブロック等…。
どこまでやるかは個人のお好みになると思いますが…作例ではこの辺までにしておきます。

175

↑写真撮りと型紙UPはまた次に…おやすみなさい。

PR

PR

| コメント (6)

Space Station V 組立(5) ケーブル(アンテナ?)の組み立て

PR

Space Station V 組立はいよいよケーブル(アンテナ?)の組み立てになります。工事骨組み部分に匹敵する難関ですね。
まずは基部の組み立てから…

143

↑パーツは139です細い四角柱を組み立てて行きます…簡単ですね…ただここでちょっとしたコツです。

144

↑ABは展開図の寸法と紙の厚さ0.22を同縮尺で描画し拡大した四角柱の断面図です…Aの四角柱がのりしろの厚みで台形になっています。(普通のりしろの厚みを考慮した型紙など描かないし、そもそもこういう歪みを嫌って切り口で糊付けすることが多いのですが)。…そこでB図の様にのりしろの隣の折り線を紙の厚みの分(uhuの場合切れなくしたカッターで折り線を入れるので刃一枚分)移動してやります。
それときちんと角の立った四角柱にするために糊付けの際に写真の様にピンセットで左右を固定して上から指を押し当てて形を整えるようにしました。

145

↑出来上がった基部をエレベーターに貼り付けていきます。…断面が斜めになっている方が内側です、ハブのカーブに合わせて貼り付けます。

146

↑16本を前後のエレベーターに取り付けました。

147

↑SSVらしくなりました。

さていよいよケーブル(アンテナ?)です。"切り抜き"か"紙縒り"か迷ったのですが第三の選択肢として"ピンピン糸゛を考案しました。

148

↑作り方は赤枠の様に①錘(投げ天秤30号coldsweats01)を着けた糸を吊るし②ひとさし指と親指に木工ボンドをたっぷりつけて③吊るした糸をひとさし指と親指で挟み上から下へと糊を付ける④指を洗う⑤乾いて糸がピンピンになるまで1日待つ⑥乾いたら下の方から必要な長さに切り取る…です。写真の右上が紙縒りとの比較。紙縒りが0.8mm(ちなみに水引も0.8mmでした)で写真中央の家庭用糸細口で0.4~0.5mm位、太口で0.6mm位でしょうか、紙縒りより弱いですが十分な腰の強さがあります。
SSVのケーブル基部ひとつに対して11センチの太口2本、9センチの細口を1本使用します。…なので太口は鴨井の高さ(180センチ)のピンピン糸を2回、細口を1回作ります。(余裕をみるともうプラス1回づつかな)

149

↑140aに太口のピンピン糸のケーブルを取り付けます。140aは細かいので切り抜くのが大変ですが…頑張りましょうcoldsweats01。先に折り線を入れ、中央の四角を抜いてから良く切れるカッターでくり抜きます。(角になった部分からタテタテタテと刃を入れて90度紙を回転タテタテタテ…90度紙を回転タテタテタテ…)

150

↑1本目のピンピン糸(太口)の取り付け要領です。赤丸の部分に糊を着けて、ピンピン糸のケーブルを乗せて挟むように折り返します。

151

↑同様に2本目のピンピン糸(太口)の取り付け要領です。赤丸の部分に糊を着けて、ピンピン糸のケーブルを乗せて挟むように折り返します。

152

↑…断面がが「H」の形になります。脚が出ている感じですね。最後に台紙(黄色いランナー)部分描かれたたケーブルの図の長さにはみ出したピンピン糸をカットします。16個つくります…

153

↑140bに細口のピンピン糸のケーブルを取り付けます。

154

↑切り抜いた140bに細口のピンピン糸を乗せ折り返すようにしてのり付け、黄色の台紙に描かれたケーブルの長さにピンピン糸をカットし台紙を切り取ります。…

155

↑140aに140bを挟むようにして貼り付けます。リング側で3本のケーブル(ピンピン糸)がまとまるようになるのが正しい向きです。

156

↑以上でケーブル(アンテナ?)ができました。

157

↑本体(基部)への取り付けは次回。

PR

PR

| コメント (6)

Space Station V 組立(4) エレベーターの組み立て

PR

前後8本のエレベーターを組み立てていきます。

126

まずは137aと137bで筒を作っていきます。

127

↑この時の「コツ」があります。まずAの様にのりしろ用のパーツ137bと筒の部分137aを切り分けずに切り取ってからしっかりと丸み癖をつけること。煙草の太さ位にギュウギュウと締め付けます。癖がついたら写真の様ににのりしろ用のパーツ137bと筒の部分137aを切り分けます。…最初に切り分けるとそれぞれに丸みグセを付けなければならいですし、特に細いのりしろ部分の丸みグセは面倒です。
しっかりと丸み癖がついているとBの写真の様に筒の片側にのりしろを取り付けて糊を塗り、反対側の筒の切り口をのりしろの上に持ち上げてやるだけで切り口とのりしろの段差に合わせて自然にピタッと切り口が閉じます。最後に細い棒等で内側からのりしろを押し付けながら形を整えます。

128

エレベーターの筒が出来ました。

129

筒に141と142を取り付けるためののりしろを取り付けた後に138を前後から取り付けます。ハブ側141とリング側142をエレベーターに取り付けます。

130

前後で8本分のエレベーターが出来ました。

131

ハブにエレベーターを取り付けるためのゲージを作ります。A面のリング(パーツ6・7・8・9)を作った時の抜いた型紙を使用します。4か所の凹形状の部分を起こし、中央部分をくり抜きます。↑


132

中央部に発着口をセットします。⑫時…TOPの位置をよく確認します。ズレ防止に紙片を補足切ったもので固定します。4方向にエレベータを取り付けます。前後左右の位置をよく確認しながら貼り付けていきます。↑


133jpg

リングとの接続部分のパーツ143~146を作ります。パーツはありませんが前後になる部分を二重にして厚みを持たせました。↑


134

⑫時、③時、⑥時、⑨時の位置とA面の方向に注意して貼り付けます。↑


135

エレベーター部分にリングを釣りつけます。赤丸の位置(⑫時、③時)はエレベーター側に、緑丸の位置(⑥時、⑨時)はリング側に糊を付けて…赤丸の位置(⑫時、③時)を貼り付けた後に緑丸の位置(⑥時、⑨時)のそれぞれのエレベータをリングをグイと引っ張りながら(リングを広げるようにして)貼り付けると綺麗に貼り付けできます。↑


136

前側のリングとハブ部分がつながりました。↑


137

同様に後ろ側のリングも作成。ゲージはD面(87・88・89・90)を使います…A面と若干高さが違います。リングとの接続部分のパーツは147~150です。↑


138

後ろ側のリングとハブ部分がつながりました。↑


139

前後…。↑


PR




PR




| コメント (10)

Space Station V ケーブルの検討

PR

2001年宇宙の旅宇宙ステーション5(SSV)の組立作業はこの後エレベーター&エレベーター上下のケーブルへと移っていくのですが…その前に「ケーブルの表現」をどうするかの検討をしたいと思います。

121

A案:紙縒り(春にkonchanさんから頂いたものを使用)。B案:隙間の黒ベタ…簡易版。C案:簡易版のくり抜きの3つの案を実際に組み立ててみて検討します。↑

122

A案とB・C案では型紙も違ってきます。↑見栄えから行くとB案は外れますね。難易度はA案の紙縒りが段違いに難易度「高」です。↑

123

細部ディテールでいうとA案の紙縒りの方がC案のくり抜きより良いかな。ただシャープさはC案のくり抜きの方が勝っている感じ…↑

125

エレベーターとのバランス…C案くり抜き…シャープです↑

124

エレベーターとのバランス…A案紙縒り…若干紙縒りが太い感じでしょうか↑…
紙縒りでいこうかなと思います。ただエレベーター8本の組み立て→ハブへの取り付け調整→ケーブル作成…とケーブル組み立てまで、まだ少し時間に余裕があるのでいろいろと検討したいと思います

PR

PR

| コメント (5)

Space Station V 組立(3) ビロビロのりしろ発案

PR

シャトルの発着口を作っていきます。

113

↑パーツは103~106です。103に発着口の斜めになった部分(105と106)を取り付け、箱状にした104を取り付けます。105と106は切り口で゛貼り付けましたが、104は紙片で後付けののりしろを作って取り付けています。

114

↑外側です。パーツ107aを107bで筒状にします。そこへ108bと108aを巻き付けるように貼り付けます。この時108aの向きに注意してください赤〇の様にハシゴ状のディテールが発着口側になります。また各パーツの切り口接合部分を揃えるようにします(⑥時の位置になります)。注意として108aは使用する紙の厚さによって巻き付けたとき「余る(長い)」あるいは「足りない(短い)」場合があるかもしれませんがトリミング(切断)して貼り付けると後でアーム(エレベーター)の取り付けの時に支障が出ると思います。108bを薄い紙、あるいは厚い紙にするなどして107に108がフィットするように調整してください。…0.2mm前後の紙を使用していれば型紙のままの長さでOKです。
先ほどの103~106のパーツを貼り付けるのですが今回「ビロビロのりしろ」を考案してみました(パーツ化はしてません帯状の紙をジグザクに折っただけですから…)。通常のののりしろだと円の縁を直線で切り分ける、多角形になってしまうのですが、この方法だと円のまま十分なのりしろが得られます。ナイスアィデアと自我自賛happy01

115

↑後ろ側の円錐形のパーツを組んでいきます。109aと109bで作った円錐形に110と111を貼り付けます。110は0.5mm程度109からはみ出す形(糊代がわり)となります。接合の切り口が一致するように貼り付けてください。111は若干長いのでトリミングするなりします。
次に112に113を円形に垂直に糊付けします。写真の様にニードールの先に糊を付けて円形に糊を付けて113を立てるように糊付けすると作業しやすいようです。最後に114を取り付けます。

116

↑三つのパーツを糊付けして発着口(A面側)が完成しました。

117

↑同様に裏側の発着口(D面側)をパーツ125~136で組み立てます。

118_2

↑前後の発着口が出来ました。
続いて前後の発着口を繋ぐ部分を作ります。

119

↑パーツ115aと115bを筒状に貼ります。次に二つ折りにして中央をくり抜いた124を115に通すようにして貼り付けます。厚み用のパーツ116と117を貼り付け117にはさらに118を貼り付けます。最後に119~123を上下に気を付けて貼っていきます(切り口は⑥時方向で一致(揃えます)させます)。116~123を貼る時に多少長めなので「余り」が出ます。ここはちょっとトリミング(切って長さ調整)しました。

120

↑前後の発着口とそれを繋ぐ部分…ハブっていうのかな…が出来ました。中間部分を前後に差し込んで摺合せをしてみます。(接着はまだです)。
今回は時間が無いので…ここまで

PR

PR

| コメント (11)

Space Station V 組立(2)

PR

後ろ側の工事中のリング行きます。

98

パーツは24~27(ついでにリング裏側も…パーツは87~90))作り方は基本的に前のリングと同じです…楽勝happy01

99

…と思ったら大間違い…基本的な組み立て方法は同じですが、「くり抜き作業」が大変ですhappy02…ある意味地獄です。

100

リングの「フレーム」パーツです。まずは28~39です。(12枚で⑫時の位置から③時位置ぶんです)。C面のパーツ(24~27)を裏返しにして12時の位置から時計回りに貼り付けます。このパーツは裏はべた塗りになっているので好みで裏表考えながら貼っていきます。…のりしろ無しの切り口で垂直糊付けです。

101_2

同様に③時位置から⑥時に40~51。⑥時~⑨時位置に52~63。⑨時~⑫時位置に64~75を貼ります。

102

「山手線(大阪環状線)外回り」…?

103

↑フレームの⑫時、③時、⑨時の所に仕切りのパーツを取り付けます。

104

↑D面(87+88+89+90)を裏返し、そこへ先ほど作った山手線をひっくり返してフレームをD面に貼り付けていきます。⑫時の位置を確認して裏表の⑫時の位置が一致するようにしてください。

105

↑だいぶ形が見えてきました。この時点ではまだ強度が弱いです。作例の様に35~40センチ四方に切ったベニヤ板などに乗せて丁寧に扱いたいものです。

106

↑外周を貼り付けていきます。パーツは91a・92a・93a・94aです、それぞれのパーツのD面の方向を確認して、D面を表にして⑫時方向から時計回りに貼っていきます。

107

↑91a・92a・93a・94aのつなぎ目に91b・92b・93b・94bを貼ります。

108

↑リングの二段目の部分です。D面に95と96をC面に97と98を貼ります。弱いパーツを弱い部分に貼り付けるかたちになるので丁寧に…貼り付けるとそこそこの強度になります。

109

↑リングの内側のパーツ99~102を位置と方向を確認して貼り付けます。

110

↑これで「工事側リング」の完成です。お疲れ様でした。

111

↑部分。

112

↑紅白のリング。

PR

PR

| コメント (12)

Space Station V 組立(1)

PR

2001年宇宙の旅からSpace Station Vを組み立てていきます。

84

↑紙はキャノンのフォトマット(0.22mm厚)です。14~26ページは裏側用のデータで裏面も印刷します。

85

↑まずは手前のリング部分を組み立てていきます。手前リングの裏側…B面です。型紙は1~4です。

86

↑この後、型紙の中心部分から放射状に型紙の裏側に骨が付きます。…骨の糊付け位置を示す線を引きますが、写真の様に表から「放射状の線」の位置にハリ(ピン)で穴を開けて、裏から線を引いておきます。

87

↑表にして位置を合わせテープでとめます(パーツの邪魔にならない部分でとめます)。そのあと裏から紙片を貼り1~4のパーツ部分を繋ぎ合わせます。

88

↑リング状にパーツをくり抜くのですが…その前に⑫の位置つまりTOP、がどこかわからなくなると悪いので⑫と記した部分の裏側にメモを書いておきます

89

↑骨のパーツ5を貼り付けていきます。切り口で垂直に糊付けしていきました。

90

↑1~4と同様に6~9でA面のリングを作成します。

91

↑B面プラス骨とA面のリングを貼り合わせていきます。

92

↑リングの外周の壁を作ります。パーツは10~13ですが、台紙から切り離してしまうとわけがわからなくなるので⑫③⑥⑨の位置とA面の方向をパーツの裏面にメモしておきます。リングにぐるりと貼り付けていきます。

93

↑10~13の接続部と外周に何か所かある柱部分にディテールのパーツを貼り合わせます。↑

94

↑A面にリングの二段目のパーツ14・15を貼ります。↑

95

↑同様にB面のリングの二段目に16・17を貼ります。↑

96_2

↑リングの内周のパーツ19~22を貼ります。型紙からパーツを切り離す時にA面の方向と⑫③⑥⑨の位置を裏にメモしておきます。↑

97

↑正面のリング部分が出来ました。↑

PR

PR

| コメント (2)

Space Station V 型紙調整

PR

2001年宇宙の旅 スペースステーション5 型紙の調整に入ってます。紙の大きさに収まるようにパーツを分割したり。製作順や紙の繊維方向を考えてレイアウトを行ったり。ナンバリングや記号の書き込みも…頭の中で組み立てを繰り返しながらの作業です。

81 82

↑型紙はA4サイズで30枚。筒状のパーツや曲げるパーツは紙の繊維を考慮して縦位置に配置したほうが良いのですが一部スペースの関係で断念した部分もあります。大きいパーツだからそんなにしわにならないと思うので…それと…

83

↑骨側のパーツは裏側のディテール表現を裏表貼り合わせで、とも思ったのですが…位置合わせなど難易度が上がるので、パーツの裏面彩色で表現したいと思います。…ということでページ14~26の裏側印刷用のデータも作りました。↑

PR

PR

| コメント (6)

Space Station V 型紙(120)… 骨

PR

Space Station V の 描きこみ…

80

↑最後の工事部分が完了…ひと通りすべての描きこみが終了しました!! 長いながいトンネルから抜け出しました。(あるいは泥濘から這い上がりました)
この後、描いた大きなパーツを分割したりして工作順にレイアウト、その後ナンバリングします。風邪もだいぶ良くなり、早ければ来週(あるいは週末)には組み立て作業が開始できるかもhappy01
=========================================
今日の新潟の天気はかなり荒れました。朝はみぞれ雪が降り道路が白くなり、いよいよ冬がやって来たという感じです。

PR

PR

| コメント (11)

より以前の記事一覧