Pilgrim 7000

#046「Pilgrim7000」完成

映画「Automata( Autómata2014年スペイン)」より「Pilgrim7000」です。2015/1/17up

A2

まだマイナーな映画です…2015年日本公開される?されない?…と微妙です。なのでネタバレすると悪いので今回も↓↓(白文字で書きます。)読みたい人はCtrl+Aで表示されると思います。スマホ等の場合はわかりませんcoldsweats01
↓↓ネタバレ↓↓
なかなか面白い映画でした。映画のオープニングはPilgrim7000の開発された経緯が伝えられて、未来社会の様子が映し出されます。雰囲気は「ブレードランナー」でストーリーもロボットPilgrim7000狩りみたいな雰囲気に…。誰がロボットの原則を破ったロボットを作ったのかという謎から一気にラストへ突き進みます。
↑↑ネタバレ↑↑

PR

149_2

やはり何と言ってもPilgrim7000の表情が良いhappy01…っていうか、表情のない感じの顔が良いです。宮崎駿の「千と千尋の神隠し」のカオナシにも似てるかな。この顔「マスク」が映画では重要なキーになっていて
↓↓ネタバレ↓↓
「木から降りる」…進化して自我に目覚めると無表情なマスクを取り去って本来の姿を見せる。
↑↑ネタバレ↑↑
…という感じでしたね。

B1


スターウォーズでもそうでしたが…ロボットと「砂漠」は相性が良いのか…よく似合いますね。さらに今回の「しゃがんだ格好」…これは映画の宣伝用のイラストにあったポーズなのですが…
↓↓ネタバレ↓↓
2001年宇宙の旅の猿のポーズに似ていて、映画で語られる「進化」というテーマにもピッタリのような気がしました。
↑↑ネタバレ↑↑
ということでズバリ今回のポーズはこの「しゃがんだ格好」です。

B5


それとCG全盛のこのご時世でロボットというとすごく性能のよさそうなかっこいいデザインのが出てくるのが流行りなのですが、この…Pilgrim7000はなんだか某ホンダ社の「アシモ」にも似ている感じで何気に現実味がたっぷりということも自分の好みでした。

B4


あと…。
↓↓ネタバレ↓↓
映画には重要な役割で女性型のSEXロボットぽいのが出てきて…どっちかというとその方が準主役なのですが…そっちは顔つきとか体のあちこちの出っ張りとか面倒…
↑↑ネタバレ↑↑
ということで標準的なPilgrim7000にしてます。でも「労働者タイプ」や「医療タイプ」や「重労働タイプ」みたいなもの…果ては「落書きされたタイプ」なども映画に登場するので、時間があったらいつか別のタイプのPilgrim7000も作ってみたいですね。

148_2


ペーパークラフト化で一番難しかったのは顔と胸部の曲線でした。特に顔は曲面を目指しつつできるだけシンプルにして完成時に余計な線(表情)が入らないように注意しました。なので顔は最終の型紙になるまで4~5のテストショット(設計組立)を行っています。

E1

型紙はA4で2枚です。


ダウンロードdownload→ 01 02

それとオプションの直立タイプ用型紙が1枚です。

135_2


ダウンロードdownload→ オプションoption

PR

製作記事 How to make→010203040506

今回もたくさんの方から応援のコメントをいただきました。まつさん、ムズさん、supermansteelさん、takakoinochiさん…って4人だけでしたねcoldsweats01ありがとうごさいます。
#046「Pilgrim7000」完成です。

PR

| | コメント (26) | トラックバック (0)

Automata Pilgrim 7000 組立(6)

PR

映画AutomataからPilgrim 7000の組立です。すべてのパーツが揃ったので組み合わせて完成させます。
まずは先回の続きの脚部から

120_2

↑脚部のパーツはこんな感じで揃っています。

121

↑足先部分の上部の斜めになったところに糊を着けてスネのパーツに取り付けます。

122

↑左右二組作ります。

123

↑膝の関節56をスネ部分に差し込むようにして取付けます。

124

↑左右二組作ります。

125

↑膝の関節56をモモ部分下部に差し込むようにしてモモ部分を取付けます。左右二組作ります。

126

↑股の関節55をモモ部分上部に差し込むようにして取付けます。左右二組作ります。

127

↑こんな感じですべてのパーツの準備が出来ました。
ポーズを決めて固定していきます。ちなみに…しゃがみこんだ感じになります。

128

↑股の関節55を腰の底部に差し込むようにして貼り付けます。

129_2

↑腕の取り付けは肩の間接部を胸部から内部構造の穴に突き刺す感じです。

130

↑肩のパーツを取付けます。

131

↑もう片方の腕も同様に取付けます。

132

↑頭の首の部分を取付けたら完成です。

133

↑こんな感じです。強度を出すために間接部分やモモと腰、ウデとモモなどパーツが触れ合う部分は糊を盛って固定しています。

134

↑Pilgrim 7000の出来上がり。
で次に直立用のオプションパーツとその組立の説明です。

135

↑オプションのUpright type partsのシートのパーツを使用することで直立姿勢のPilgrim 7000が出来ます。

136

↑組立説明がややこしくなると思い写真は省略していましたが…実は2体同時に作っていました。

137

↑オプション用のウデはまっすぐにのばしたタイプとなります。パーツは33と34のlとrです。組み立て方は通常の仕様のものと同じです。

138

↑オプション用のくるぶしのパーツ52です。通常の仕様のものと組み立て方が少し異なります。箱状にくみ上げます。

139

↑箱状にしたら前後に53+54+を取付けます。

140

↑その後の組み立て方は通常の仕様のものと同じです。関節のパーツの形が通常用と異なるので注意します。

141

↑脚部…組み上げていくと直立した感じの脚になります。

142

↑最終の組立(ポーズ決定)工程です。作例では若干腰を前に突き出した感じにしました。

143

↑肩と頭を取付けて直立タイプの出来上がりです。

144

↑こんな感じです。

146

↑ツーショット。

149

148

以上。お疲れ様でした。

PR

PR

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Automata Pilgrim 7000 組立(5)

PR

映画AutomataのPilgrim 7000の組立です。
足を作っていきます。まずはモモからです。

95

↑パーツは39~41のlとrです。

96

↑各パーツを切り出しました。41は写真のように切込みの部分に糊を着けて貼り合せて丸みをつけます。ちょっとわかりにくいですが40も縦横の両方向に丸みをつけます。

97

↑39の後ろ側を貼り合せます。前の膝の部分に41を取付けます。

98

↑前側に40を取付けたら全体を閉じて出来上がりです。

99

↑こんな感じです。
次にスネを作ります。

100

↑パーツは42~44のlとrです。

101

↑42の内側に43を貼り付けて、その後箱状に閉じるように組み立てます。

102

↑スネの下側を丸く巻き付けるようにして後ろ側に貼り付けます。44を膝の部分に取り付けてスネが出来上がりです。

103

↑こんな感じです。
最後に足先を作ります。

104

↑パーツは45~54です。

106

↑折り曲げたり切り出したりして準備を進めていきます。
更に細かく作りこんでいきます。

105

↑45aと46aはジグザクに折って裏表を貼り合せ、6枚分の紙の厚さにします。

107

↑45aと46aを切り抜いて切り口に45bと46bをそれぞれ巻き付けるように貼り付けます。

108

↑47は写真のように箱状に貼り合せて…。

109

↑リング状にした50を両側に取り付けます。

110

↑48は蒲鉾型にして両脇を貼り付けます。

111

↑49も写真のように貼り合せます。

112

↑51は前後で二つに切り離して写真のように折り曲げました。

113

↑52は写真のように上部を箱状にして貼り合せ、下部の左右を両側に貼り付けます。

114

↑53を筒状にして54で蓋をしたものを52の前後に取り付けます。

115

↑足先のパーツの下ごしらえが出来ました。
次にこれらを組み合わせていきます。

116

↑47+50+50の先端に48、後端に49をそれぞれの切り欠き部を差し込むようにして貼り付けます。

117

↑先端48の裏側の切り口に糊を着けて45a+45bを取付けます。、同様に後端49には46a+46bを貼り付けます。

118

↑51の前側は切り口に糊を着けて先端48に貼り付けます。51の後ろ側は50の切り口に糊を着けて貼り付けます。若干上部で47との間に隙間を作るようにします。

119

↑最後に52を後部の47と49の部分に貼り付けます。二組作って足先が出来ました。

120

↑関節55と56のrとlを含めて脚部のパーツが揃いました。…ということで今日はここまで

PR

PR

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Automata Pilgrim 7000 組立(4)

PR

映画AutomataからPilgrim 7000の組立は腕を作ります。
まずは肩から

80

パーツは32のlとrです。中央を蒲鉾型にして最後に蓋をする感じで貼り合せて出来上がりです。
次に腕の部分です。

81

パーツは33と34のlとrです。上下に間接パーツが入るスリットがあるので切込みを入れておきます。

82_2

↑33は箱状に組み立てます。各コーナーにRが着くので注意します。

83

↑多少変則的な形ですが34も同様に箱状に組み立てます。

84

↑こんな感じです。
手を作ります。

86a 86

↑パーツは35と36のlとrです。36は裏表二つ合わせにして切り抜いた後で指の部分を曲げて写真のように表情をつけてみます。

87 88

↑36を35で包むようにして手を作ります。

89 90

↑こんな感じになります
最後に関節を作ります。

85

↑パーツは37と38のlとrです。37が方の関節、38が肘の間接です。脚の関節55と56もついでに作ってしまいます。

91

↑ジグザクに折って貼り合せます。紙が厚いので刻むようにして切り抜きました。

92

↑位置関係はこんな感じです。
間接をウデのパーツに差し込んでつなげていきます。

93

↑右腕です、肩の関節37の青い部分を33に差し込むようにして糊付けします。肘の関節で33と34を写真のように繋ぎ合わせたら最後に手(35+36)を34の先端に差し込むようにして取付けます。

94

↑左腕も同様に組み立てます。これで両腕が出来上がりました。

94a

↑本体に取り付けてみます。肩の関節部分を胸部分の穴に差し込んだら32の肩のパーツを取付けます。(この時点では糊付けは行っていません…糊付け固定は全体が出来上がってからにします。)

94b_2

↑こんな感じです。腕が出来たところで今日はここまで…

PR

PR


| | コメント (2) | トラックバック (0)

Automata Pilgrim 7000 組立(3)

PR

映画AutomataからPilgrim 7000の組立です。頭と腰を作っていきます。
まずは頭から。

50

パーツは22~24です。22には十分に丸め癖を着けておきます。

51

頭の上の部分をリング状につなげます。

52

24を後頭部の部分に取り付けます。目の脇の切込みの部分も24をのりしろにして閉じます。

53

頭部の上のほうのリングを適当な紙片を使って閉じていきます。

54

コツとしてリング部を全部閉じてしまわないようにすることです(後の工程で首をつけてから閉じるようにします)。

55

頭頂部に23を取付けます。あごの部分の切込みを閉じていきます。

56

更に一番下のあごの部分の切込みを閉じます。

57

↑こんな感じになります。
次に首の部分を作っていきます。

58

パーツは24~27です。25には穴をあけておきます。

59

パーツの下ごしらえ…27は筒状にします。26は裏表貼り合せてU字型に曲げて適当にコードのディテールに合わせて適当に切込みをいれます。

60

↑24を写真のように組み立てます。

61

↑24の裏面に25を取付けます。その後で26を取付け、最後に27を差し込んで首が出来上がりです。

62

↑こんな感じになります。
次に頭部と首の部分を繋げます。

63

↑首部の24の前側を少し折り曲げて頭部に差し込むようにして貼り付けます。

64

↑頭頂部からピンセットで24の先端部を平らにして頭部にきっちりとはめ込めます。

65

↑頭頂部を閉じて頭部の出来上がりです。

66

↑こんな感じで頭部の出来上がりです。
次に腰の部分を作ります。

67

↑パーツは28~31です。

68

↑28を箱状に組み立てます。

69

↑29bと29aを組み立てて繋ぎ合わせます。前側のバンパーになります。

70_2

↑30bと30aを組み立てて繋ぎ合わせます。後側のバンパーになります。

71

↑31を写真のように組み立てます。左右1組作ります。

72_2

↑パーツの下ごしらえが出来ました。
次に本体に取り付けます。

73

↑28を胴体(腹部)の下に取り付けます。

74

↑29を取付けます。

75

↑31を左右に取付けます。

76 77

↑30を後部に取付けます。

78

↑以上で頭部と腰部が出来上がりました。胸部も含めてかなり出来上がってきました。

79

↑それぞれのパーツを組み合わせるとこんな感じになります。ということで今日はここまで

PR

PR

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Automata Pilgrim 7000 組立(2)

PR

映画AutomataからPilgrim 7000の組立です。
先回の腹部に続き「胸」部の組み立てです。胸部は内側の部分と外殻の部分の二重構造になっています。まずは腹部との接続部分の組み立てから…

21

↑パーツは15と16aと16bです。15は左右の部分を写真のように裏表貼り合せにします。

22

↑15を箱状に貼り合せていきます。16aはリング状にして16bで蓋をします。

23

↑箱状にした15の左右に16を取付けます。腹部との接続部分が出来上がりました。
次に胸の内部側を作ります。

24

↑パーツは17aとb、18です。18は首とウデの部分に穴を開けておきます。

25

↑18を組み立てていきます。左右の内側の骨になる部分を折り曲げて底部に貼り付けたら上側を貼り付けます。

26

↑左右の斜めの部分を貼り付けていきます。

27

↑左右の部分を閉じます。

28

↑底の面に先ほど作った15+16を貼り付けます。

29

↑更に底の後部にU字型に曲げた17aを貼り付けて、17bで蓋をするようにして胸の内部側が出来上がりです。

30

↑腹部の4の先端を15に差し込むと腹部と胸部が繋がります。
次に外殻の部分です。

31

↑外殻の基本部分、パーツは19a~19hです。

32

↑下の切込み部分を閉じるようにして貼り合せます。切り口で貼り合せますが裏から紙片を貼り付けて補強しました。

33_2

↑右胸部の中央の切込みは19cと19dで貼り合せて閉じます。

34

↑左胸部の中央の切込みは19eと19fで貼り合せて閉じます。さらに右胸部の上部の切込みを19gで左胸部の上部の切込みを19hで閉じるようにして貼り合せます。

35

↑後(背中)の部分を19bで閉じます。

36

↑他の細かい切れ込み部分を貼り合せて胸の外殻の基本形が出来ました。
首の後ろから背中にかけての盛り上がった部分を作ります。

37

↑パーツは20a~20eです。

38_2

20bの裏に20cを、20dの裏に20e貼り付けます(糊代になります)。またこの部分はRの着く部分になるので写真のように丸めておきます。

39

↑20b+20cと20d+20eで20aの切込み部分を繋げます。

40_3

↑前側の細かい切込み部分も貼り合せて形を整えます。弱い部分は小さな紙片で裏からあて紙しました。。これで首の後ろから背中にかけての盛り上がった部分が出来ました。
次に首のまわりのリングの部分を作ります。

41

↑パーツは21aと21bです。21aに細かい切込みを入れるのですが全部を切り抜いてしまってからだと「タッチアップが大変になるので、写真のように全体をくり抜く前に切込みを大きくとって、筆の先をスーッと切込み部分に差し込む感じでタッチアップを行いました。

42_2

↑スリット部のタッチアップが終わったらパーツを切り出し外周部をタッチアップします。更に21aを蒲鉾型にRをつけます。

43

↑21aを裏返して写真のように21bを貼り付けます。

44

↑ぐるりと貼り付けたらピンセットでギュッと圧着して形を整えます。これで首の部分のリングが出来ました。
最後にこれらを組み合わせていきます。

45

↑パーツはこんな感じです。

46

↑20の裏側の切り口に糊を着けて19に貼り付けます。

47

↑21の裏側の切り口に糊を着けて19-20に貼り付けます。これで外殻の部分が出来上がりました。

48

↑こんな感じです。

49

↑ということで胸部の組み立てが終わりました。続きは次回

PR

PR

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Automata Pilgrim 7000 組立(1)

PR

Automata Pilgrim 7000 組立です。
型紙完成に至る3D化の工程を記事にしていなかったので「何ができあがるの?」とよくわからない方も多々あるかと思います。Automataという映画に出てくるPilgrim7000というロボットです。型紙の印刷はいつもの0.21mm厚の紙に行いました。

03

↑A4の紙2枚だけなのでサクッと印刷できますね。…ただし2枚だけとはいってもパーツの配置の密度は高いし組み立ての難度も比較的高めなので要覚悟ですね。
腹部から作っていきます。腹部の特徴は充電ユニットに差し込み式になっている中央の空洞部分ですね。

04

↑パーツは1~13です。

05

↑切り抜いたり折り曲げたりタッチアップしたり…します。
引き続き細かく 作っていきます。

06

↑3bの青い部分はモニター画面になるのでセロハンテープを貼り付けてつや有にします。その後3aに裏側から貼り付けます。

07

↑ソケットの内側2bを四角く折り曲げて貼り合せて、それを2aの前後のソケットの部分の内側に取り付けます。その後で3a+3bを取付けます。

08

↑閉じてソケットの部分の出来上がりです。

09

↑12a+12b(13a+13b)の部分は写真のようなパイプの形になります。

10

↑そのほかの部分…1は裏表貼り合せてくり抜き。6~11は写真のように箱状に組み立てます。

11

↑5aと5bをリング状にして5a~5cを組み立てます。

12

↑1の中央部に2a+2b+3a+3bを取付けます。その上に4を貼り付けたらその後ろ側に5a+5b+5cを取付けます。

13

↑2a+2b+3a+3bの胴体左側になる部分に6、右側になる部分に7を取付けます。

14_2

↑さらに胴体左側になる部分に8と10、右側になる部分に9と11を取付けます。

15

↑さらに胴体後(背中側)の左側になる部分に12a+12b、右側になる部分に13a+13bを取付けます。

16

↑こんな感じになります。
次に腰のガード部分です。

17

↑パーツは14aと14bです。裏表のある四角い枠のように組み上げるのですが、コーナー部分にRが着くたため最後にハサミを入れる…「立体裁断」で仕上げていきます。

18

↑こんな感じでR着けた裏表を貼り合せて形を作ってから切り出します。

19

↑1のパーツに貼り付けるのですが、まず背中のソケット部分をパーツに通してから1に貼り付けるようにします。

20

↑これで腹部が出来上がりました。
ということで今日はここまで…

PR

PR

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Automata Pilgrim 7000 型紙の出来上がり

PR

映画Automata(Autómata ) からPilgrim 7000 の型紙が出来上がりました。

02

次回から少しずつ組み立てていきます。

PR

PR

| | コメント (4) | トラックバック (0)