paira

#048「パイラ人」完成

映画「宇宙人東京に現わる」(1956年大映"Warning from Space")からパイラ人です。レトロ特撮SFがお好みの方にはおなじみのキャラですね。

D1

何せ1956年の映画ということで自分の生まれる9年も前の作品です。全く観たことも興味もなかった作品なのですが。このインパクトあるパイラ人のデザインに魅かれていろいろとみてみると…デザインの作者は有名な「芸術は爆発だ!」「万博の太陽の塔」で有名な岡本太郎氏。どうりで「ぶっ飛んでいる」わけですね。納得。

B1_2


D2

DVDを購入して観てみると昭和30年代の雰囲気が伝わってきてなんとなく懐かしいような感じが◎でした。特撮も今のものから比べると派手さはないですが大映らしくとても自然な感じで好感が持てました。特撮の全盛期が開花する前夜に作られたかわいい小作品というイメージ。

C3

B2

さてこのパイラ人、ポスターなどは赤い色のヒトデ型の恐怖の宇宙人といった風に描かれていて、そんなイメージが付きまとうのですが…。本当は濃い灰色の服を着ている感じ。さらに目は青色LDEみたいな感じ、頭の上にはオバQの毛のようなアンテナがついています。性格も宇宙道徳に篤い紳士的な宇宙人だったのです。

B3

D3


すでに超有名なソフビがあったりガチャで再現されたいしているパイラ人ですが、ペーパークラフト化では服(?)のしわや色の感じ、特徴的な「眼」の再現、頭上のアンテナの再現をしてみました。普通ちょっとかわいい感じになってしまうパイラ人ですが「眼」をきっちりと再現したことでちょっとかっこいい感じが出てくれたかなと思います。加えて透明の部分も再現したのでひかりの加減で目がウルルンとなっているようにも見えてキザカワユッスです。

E

型紙は無理やりA4で1枚に収めたためかなりパーツの間隔がキツキツです。


ダウンロードdownload→p.pdf

今回もgoogle driveへのリンクにしています。うまくダウンロードできれば良いですね。

製作記事 How to make→0102

今回(パイラ人に限って)はごく少数の方からのみですが熱い応援のコメントをいただきました。まつさん・迷える人さん・Morrisさん・zen@本日休暇中さん・Yoshi-yoshiさん・ムズさん ありがとうございます。みなさんの犠牲的精神はパイラの歴史に永遠に刻まれることでしょう。

C1

↑カニとヒトデ。

PR


| | コメント (16) | トラックバック (0)

パイラ人組立(2)

さて、パイラ人の組立の後半戦です。先回作ったパーツをつなげていきます。

23_2

まずは胴体に頭の部分を取り付けます。

24

↑うしろ(背中)の方から少しずつ貼り合わせていきます。①最初の一か所ののりしろを貼り付け。固まったら形を整えて右側、固まったらその左側、同様に右、左と進めていきました。
次に腕の部分を取り付けます。

25

26

↑ここもかなりヒネリの入っている部分なので少しずつ乾くのを待って形を整えながらすすめていきます。以上で上半身ができました。
次に上半身と下半身をつなぎ合わせて星形にします。


27

↑うしろ(背中)の方から少しずつ貼り合わせていきます。


28

こんな感じで星形になりました。


29

↑そのままでもよいのですが…つぶれ防止のためにティシュを詰め込んでいきました。8枚くらい入ったかな
次に足を付けます。


30

つなぎ目が内側になります。


31

足首や接地面を調整して自立するようにします。以上で体が出来上がりました。
さていよいよ今回の組立の目玉の「目玉」です。


32

パーツ32は透明のパーツになります。窓付き封筒の透明の部分を利用して型紙に重ねて切り抜きました。リング状に貼りあわせるのですが、この程度なら普通の木工用ボンドで切り口接着できます。(写真右の株の白い部分がボンドです→乾くと目立たなくなります。)


33

↑他のパーツ25~31(30は欠番)もカットしてタッチアップします。


34

↑25の切り口のところに26cを立てるように貼り付けます。


35

↑26aの切り口のところに26bを立てるように貼り付けます。


36

↑28aにリング状にした28bを貼り付けます。その中央部に筒状にした29を貼り付けます。蓋をするように透明部品の32を取り付けます。最後に31を貼り付けます。


37

↑27aと27bを組み合わせて白目の部分を作れば目の部品が揃います。


38

↑(25a+26c)と(26a+26b)を合わせて目の輪郭の部分を作ります。白目の部分(27aと27b)の裏側に黒目(青目)の部分((28a+28b)+29+32+31)を取り付けて目玉の部分をつくります。乾いたら輪郭の部分と目玉の部分を合わせて「目玉」の出来上がりです。


39

↑本体の中央の穴の部分にのりを付けて「目玉」を貼り付けます。


40

↑こんな感じ。ギザカワユス
最後に髪の毛(アンテナ)を付けます。


41

↑33を二つ折り裏表張り合わせにして切り抜き、タッチアップしたら頭の上の穴に差し込んで接着。ぐらつかないように穴は後ろ側からつぶします。


42

↑こんな感じで…完成です。


B1

B3

↑ひとみがかわいいです。


B2_2

お疲れ様でした。

PR

| | トラックバック (0)

パイラ人組立(1)

パイラ人の組立です。

E

↑今回のパイラ人は服(?)の感じを出すために「ひねったり曲げたり」する工程が多くなるので、いつもの推奨の紙(0.21mm厚)ではなく0.128mm厚のインクジェットマット紙を使います。
まずは上部(頭部)から行きます。

01

↑1aの左右切込み部分を1bと1cで閉じます。周囲に後付けのりしろとして1d~1gを取り付けます。全体を写真の感じに丸めます。

02

↑2aの裏面にのりしろ2bを取り付けます。全体を写真の感じに丸めます。

03

↑3aの切込み部分を3bで閉じます。3aの周囲に3cを取り付けます。同様に4a~4cも組み立てて最後に3と4を貼り合わせます。

04

↑1の先端に2を取り付けて形を整えます。

05

↑さらに3+4を貼り付けますが、ひねり合わせの部分があるので慌てず少しずつ貼り付け、乾いたら次を貼り付けるというようにすると良いようです。

06

↑こんな感じです。

07

↑5aにのりしろ5bを取り付けます。6aにのりしろ6bを取り付けます。7aにのりしろ7bを取り付けます。それぞれ曲げておきます。

08

↑順番に5~7を取り付けます。慌てずに少しずつ貼り付けます。これで上部(頭部)ができました。
次に胴の部分を少し作ります。

09

10

↑8a後部斜め切込み部分を8bと8cで貼り合わせます。その下の部分にのりしろ8dを貼り付けます。形を整えて胸~肩ぶぶんの 切込みに8eと8fを取り付けます。8eと8fの先端の脇部分に8gと8hののりしろを取り付けます。


11

↑良く乾いたら胸~肩ぶぶんの切込みを貼り合わせます。これで胴の部分ができました。
次は腕の部分です。


12

↑9aに9bと9cを貼り付けます。10aに10bと10cを取り付けたら9と10をつなぎ合わせます。同様に11と12を組み立てます。


13

↑これで腕の部分ができました。
次にちょっと難しい股の部分です。


14

↑14a~18aのパーツにそれぞれのりしろのパーツ(各b~)を写真のように取り付けます。


15

↑14と15を貼り合わせて下の部分に16を写真のように取り付けます。17と18も17cのパーツのところでつなぎ合わせます。形を整えながら少しずつ貼り合わせていきます。


16

↑少しわかりにくいですが…16の先に17+18の四角い方を貼り付けます。


17

↑さらに少しわかりにくいですが…17+18の三角の方の先端に13を貼り付けます。これで股の出来上がりです。
次に足を作ります。


18

↑19aは中央部の切込み部分を16bと19cで閉じるようにして貼り合わせます。一部ひねりが入ったりするので少しずつ乾いたら貼るを繰返します。先の部分に19dを取り付けます。21aは21bで切込みを閉じ21cでリング状にします。23aに23bを取り付けてリング状にします。以上が右足の部品となります。基本的それぞれリング状にした時のつなぎ目が股の内側になるようになっています。


19_2

↑同様に左足も20、22、24で作ります。
次に左右の足を股の部分に取り付けます。


20

↑パーツは股の部分(14+15+16+(17+18)+13)と右足が19と21、左足が20と22です。


21

↑各部品の接合ラインが股の内側で一致するようにして少しずつ貼り付けていきます。19の先端に21を取り付けます。同様に左足も取り付けます。


22

↑こんな感じになります。
ということで前編はこの辺までにします。
===================================
今回組み立てさぎようは隅谷さんからもらった「2001年宇宙の旅」のTV放映版をBGVにしながらの作業でした。DVDやブルーレイを買っても「吹き替え」が無いので当時の声優さんたちが吹き替えたものは貴重で懐かしいものでした。(自分も当時テープで録音してセリフを覚えてしまうほど聞いたものでした。)…さらに当時のCMや淀川さんの解説もついていて感涙ものでした。隅谷さんありがとうございます。

PR

| | コメント (13) | トラックバック (0)