Faro Basso

#029 [Faro Basso]完成です

PR

映画「ローマの休日(Roman Holiday)」より #29 Faro Basso(Vespa150 1952)です。
オードリー・ヘプバーン(正しくはオードリー・キャスリーン・ファン・ヘームストラ・ヘプバーン= ラストン)演じるアン王女が乗ったスクーターですね。

侍女(?)や侍従長(?)に指示された受け答えしかできなかったアン王女が最後の記者会見の場面で「どの国が一番良かったですか?」と聞かれて、初めて自身の言葉で語ります。「いずこも忘れ難く善し悪しを決めるのは困難……!!ローマです!無論ローマです。今回の訪問は永遠に忘れ得ぬ想い出となるでしょう」“Each, in its own way, was unforgettable. It would be difficult to-- Rome! By all means, Rome. I will cherish my visit here in memory as long as I live.”
…ここは感動的で一番好きなシーンです。

B_2

さて映画に登場するベスパですが1952~1953年に製造されたモデルでFaro Bassoと呼ばれるヒップラインのとても綺麗なものです。エンジン部分のカバーに切り欠き(えぐれ?)があるのが大きな特徴です。また前フェンダーにライトがあるのも特徴で「フェンダーライトベスパ」とも呼ばれています。加えて自転車のようなハンドルも特徴ですね。後期の太いハンドルだったらアン王女のあの危なっかしい運転も絵にならなかっでしょう(笑)

C1

今回のペーパークラフト化ではこれらの特徴を出せるように3D化、加えてアン王女のすっきりとした清楚なイメージが出したいと思い車体の色や描きこみが汚くならないように注意してみました。

資料集めの過程でニ台のベスパが撮影に使われていることに気づきました。スピードメーターの有るタイプ(カーバッチ付)と無いタイプです。ナンバー「Roma6の9287」はスピードメーターの有るタイプと思われます。

C_2

組み立ては「ボディの裏表の貼り合わせ…(糊代を省略)」という難易度の高い工程から始まりエンジンでひと息つくと、すぐに次の難関「タイヤ」の作成があります。荷台やシート等難易度は低くなったかと思うとすぐに最後の難関「ハンドル」で再び難易度は跳ね上がります。

D_2

素材(紙)の制限でなかなか滑らかなボディラインが出しにくかったです。今後の課題ですね。ハンドルのシルバーも実際、印刷では白くなってしまうのでシルバーのテープを使ったら良かったかな等々…あちこち小さい不満が残りましたが完成して全体を見てみると、まあまあ良い感じにまとまっている気がします…いかがでしょうか?

E

型紙はA4でpdfが10枚です。(無理に収めた感じもしますが) ダウンロード↓(download)↓

終了しました。 end

PR

組み立て解説のリンク Making of↓

12345678910

今回もたくさんのコメントありがとうございました。takakoinochiさん、chandler2001さん、あめふらしさん、David Lanteigneさん、ムズさん、Konchanさん、オオツカさん、Luis Hojoさん、マキノさん、zenさん、Mark AKA closet astronautさん、クリスタルボーイさん…おかげさまで#029 [Faro Basso]無事完成です 。

PR

| コメント (15) | トラックバック (0)

Faro Basso 組み立て(10)

PR

いよいよ組み立ても最後です。

V113

126aと127は二つ折りにして張り合わせます。写真↑

V114

125a+125bがキーの差し込み部分、126a+126b+126cが小さなペダル、127がナンバープレートになります。写真↑

V115

120~124はライトです。124をクリアーパーツにする場合はライトの内側に121+122を使用します。写真↑

V116

それぞれ組み立てたら本体の所定の位置に取り付けます。写真↑

以上、お疲れ様でした。

PR

PR

| コメント (1) | トラックバック (0)

Faro Basso 組み立て(9)

PR

ハンドルを完成させていきます。

V104

細かいパーツが多いので丁寧に切り取っていきます。写真↑

V105

それぞれを組み立てていきます。113をハンドルにさしこみました。(接着はしていません)写真↑

V106

V107

114と115のレバーと118を取り付けます(写真↑の上)レバーの角度に注意します。ハンドルの先端に116aと116bを取り付けます。(写真↑の下)

V108

ハンドルの中央部に118を巻きつける様に取り付けます。写真↑の右下にあるように118のパーツ中央の直線部分とハンドルの接合ラインが一致することを目安にします。写真↑

V109

ハンドルが出来ました。写真↑

V110

118の下部を使ってハンドルを取り付けました。写真↑

…この後は各ケーブルを配線するので118の「T字型」部分は完全に接着剤を固めます。(作例では少し焦ってしまいちょっと失敗)

V111

フットガード内側の支柱に各ケーブルを配線します。支柱右側の上には117のからのケーブル、下には右レバー115の短いケーブルと左レバー114のケーブルを合わせて取り付けます。支柱左側の上には113からのケーブル、下には右レバー115の長いケーブルを取り付けます。

最後にスピードメーターを好み(オプション)で取り付けます。写真↑

V112

あと残す工程もわずかとなり完成が近づいてきました。写真↑

PR

PR

| コメント (2) | トラックバック (0)

Faro Basso 組み立て(8)

PR

サドルを組み立てます。

V97

パーツは106~111です。107と+108を組み合わせて形を整えます。109も形を整えます。写真↑

V98

106に107+108と109を取り付け(のりしろ無しで行ってます)。裏側に110を取り付けます。最後に106の後ろの穴の部分に切り込みを入れて111を差し込んで接着します。サドルが出来上がりました。写真↑

V99

ボディの90,91に先日のスプリングを取り付けてその上にサドルを取り付けます。写真↑

次にハンドルの基礎部分を作ります。

V100_2

パイプを作るときのコツは組み立てる前に十分に「丸めグセ」をつけておくことですが、特に今回の112aはパーツの左右と中央部で接合部分が異なるので注意して丸め癖をつけます。

また122aには数か所に切り込みが入るのですが、先に切り込みを入れてしまうと「丸めグセ」をつけにくくなるのでこの段階では切り込みを入れていません。

左右、中央部と組みながら切り込みを先の細いはさみで入れるようにします。

PR

V101

まずはハンドル端の部分(3分の1部分)に切り込みを入れた後に112cを糊代にして貼り合わせていきます。ハンドル中心部から一ブロックづつ進めていきます。写真↑

V102

同様に糊代112bを使用して中央部分を作ります。写真↑

V103

反対側の3分の1も112cをのりしろにして貼り合わせるとハンドルの基礎部分が完成です。今日はここまでにしてじっくりと固めます。写真↑

PR

| コメント (4) | トラックバック (0)

Faro Basso 組み立て(7)

PR

シートの取り付け基部から荷台を作っていきます。

V91

パーツは87~100です。(すみません写真の99と100の番号が入れ替わってます汗)

V92

それぞれ組み立てていきます。93+94+95に96を取り付け96の段差のある部分に97の蝶ねじを着けて燃料キャップとします。写真↓↑

V93

87+88+89でシート前基部、90と91が後ろの基部となります。90のパーツに記した、91に記したがそれぞれ外側になるようにボディに組み込みます。 92は燃料のキャップの基部です。98と+99で荷台を作ります。写真↑

一晩寝かせて90と91を固めます。

V94

101~105を組み立ててスプリングと後部シートを作ります。写真↑

V95

燃料キャップと荷台に後部シートを取り付けた物をボディに取り付けます。(…映画のvespaは後部シートが荷台についているようですが、シートを着けない方が好きだという人は無にしても良いと思います…オプションということで…)写真↑

V96

100の反射板、先日のスペアタイヤを取り付けます。 スプリングを90と91に乗せてみました。

走り走りでしたが今日はここまで。

PR

PR

| コメント (2) | トラックバック (0)

Faro Basso 組み立て(6)

PR

タイヤです。 ある意味タイヤというのはバイクや車の顔でもあるので慎重に進めたいと思います。

V81

久々のギザギザパーツ(後付けの糊代になります)があるので切り出しに時間がかかりました。写真↑

V82

73aを73bを使用してリング状にします。

74aに74bを貼り付けてのりしろ部分とします。写真下の様に切れなくなったカッターで折れ線を入れています。

75aを75bを使用してリング状にします。

76aに76bを貼り付けてのりしろ部分とします。カッターで折れ線を入れています。

77aに77bを貼り付けてのりしろ部分とします。カッターで折れ線を入れています。

79aと79bを裏どうし貼り合わせます。

80aを80bを使用してリング状にします。(前輪と後輪用の二つのみ)

80aに82を裏から貼ってしてリング状にします。(スペア車輪用の1つのみ)

V83

73に74→75を取り付けます。最後のの75は糊をぐるりと着けたら一気に74のリングの中に押し込んで反対側から指で整えるようにして組み付けました。写真↑

V84

77を取り付けた後に内側に78を貼っていきます。そのあとでリング状の79を78の中心に押し込むようにして貼り付けます。この時に79a側(ボルトではなくナットが描かれている方)を空気入れのバルブが描かれている方にします。ここまでは3組(前輪・後輪・スペア用)同じ工程です。

2組(前輪・後輪)のみに80に81を貼り付けた台形の円柱を貼り付けます。空気入れのバルブがある方に取り付けてください。78のナットの位置と81のボルトが180度の位置で一致するように貼ります。写真↑

V85

スペアタイヤは少し工程が異なります。80aと82、83と84を裏面で貼り合わせたものを使用して組み立てます。83と84ですが…作例(写真↑)では裏表反対にしてしまいました。窪んだ側(空気バルブの無い側)に84のナットの描かれている方が来るのが正解です。

V86

前輪と後輪をそれぞれのドラムに取り付けます。写真↑

V87

ちなみに・・・前輪を正面から見たときに若干左側に寄った感じになりますが…実車の資料(写真↑の右)にもあるようにこれで正解です。たぶん。

続いてスタンドの作成です。

V88

85bの斜めの部分は細いですが二つ折りにします。85aに85bを埋め込む様にしてスタンドを組みます。写真↑

V89

86を使用して85スタンドを本体下面に取り付けます。可動にしようとしましたがさすがに無理だったので固定します。写真↑

V90

スタンドが固まるまで横になっていただきましょう。写真↑

PR

PR

| コメント (6) | トラックバック (0)

Faro Basso 組み立て(5)

PR

先日のエンジン周りを仕上げていきます。

V75

細かいパーツが多いですが組み立ては難しくないと思います。注意の必要なのは66(マフラー)です。単純な円筒形ではなく途中で縦長の断面になります。写真↑部分。

V76_2

59~62で後輪のドラム&配線を作り車軸に差し込んで接着します。写真Aの様に配線のの一本を前回の53のパーツの下部分に接続させるように接着します。

点火プラグの配線58は写真Bの様にシリンダーの先端とミッションの上部に取り付けます。(シリンダー部分にカッターで切り込みを入れてそこに差し込む様にするとしっかりと接着できました)

排気触媒55は写真Cの様にスイングアームのタブを55のタブで挟むようにして取り付けます

V77

触媒に写真の様にマフラー56を取り付けます。

その後写真ではわかりにくいですがシリンダー45aの下部の排気管取り付け位置の黒丸と触媒55を排気管54で接続します。

吸気管57をシリンダーの横に取り付けます。

サスペンションは63+64に65を接着し十分に乾いたらそこに66を添えるように接着します。65aと66aのそれぞれの組み立ての際の接合部分が車体の前方に来るようにし、さらに上端を揃えるようにして接着します。(この上端が以前作ったボディ内側のパーツ10に取り付けられるわけです。)

エンジンのボディへの取り付けは①サスペンションをスイングアーム先端に貼リつけ②スイングアームをボディに貼り付け③サスペンションの上部をボディ内側に貼り付け(次の写真の)となりますが、この時吸気管57の先端がボディ内側の仕切りパーツ11の穴に入るようにします(※注釈)。糊が生乾きの内に位置決めをしてある程度固まったら形を整える感じです。

シリンダー下部の外側に67+68で作った台形の筒を取り付けて配線の残った1本の先端を差し込む様に取り付けます。

V78 

配管の先端をフットガードに接続させるように取り付けます。作例では長さを間違ってしまったので型紙を修正しました。

最後にエンジンスターターのキックペダルを作ります。

V79

70に69を間はつけるようにして接着し71+72を取り付けます。67の先端に付けた68に取り付けます。写真↑

V80

切り欠きのある左サイドカバーを取り付けてみて、切り欠き部からエンジンのフィンガードがきれいにのぞくかどうか確認します。だいぶ位置がずれていたので写真↑の位置になるように糊が完全に乾く前にギギュッと内側に押し込む様にして修正しました。

=======================================

※注釈…実際のVespaではサドル下に「燃料タンク」があります。燃料は更にその下…ボディのカーブ部分の四角いボックス内で空気と混合されシリンダーに吸気管で送られます。

PR

PR

| コメント (4) | トラックバック (0)

Faro Basso 組み立て(4)

PR

まずフットガードの前の部分を組み立てます。

V65

33~36のパーツです。35b(バッチ付)と35c(バッチ無)は好きな方を選んでください。ちなみに映画で走り回っているタイプはバッチ有&メーター有です。(二人乗りアップはバッチ無&メーター無のようです)写真↑

V66

フットガードに取り付けます。カーブ部分が少しきつい感じです…ギュッとひねるようにして取り付けますが糊付けする前に十分調整してクセをつけておいた方が良いようです。写真↑

次にエンジンを載せるスイングアーム?です。

V67

37から40です。糊代は必要ないと思います。37には後で触媒~マフラーを取り付けるタブがあります。写真↑

V68

ちょっと本体にはめ込んで様子を見てみました。(まだ糊付けしないようにします。)写真↑

続いてミッション部分です。

V69

パーツは41~43です。41は複雑な感じがしますが、実際はそんなに難しくないと思います。のりしろも必要ない感じです。写真↑

V70

41に42を取り付け、内側の穴に車軸となる43を差し込みます。その後スイングアーム?に車軸を差し込む様にしますが写真の様に41の出っ張りをアームの出っ張りに貼ります。写真↑

V71

スイングアームにミッションが乗りました。ちょっと本体に組み込んで様子を見ててみました。写真↑

次にシリンダー部分を作ります。

V72

パーツは44~47です。写真○部分で44を45+46に取り付ける際に円柱の接合ラインをそろえるように注意します。47も上下に気をつけます。(作例では少しズレてしまいました。)写真↑

次にフイン&シリンダーのカバーとミッションの裏側のパーツを作ります

V73

48はちょっと複雑な感じなので良く仮組してから組み立てますが、余った紙片などで小さなのりしろを作って組み立てるとシッカリと組みあがると思います。これに49を巻きつける様にして貼り付けます。50と51で台形円柱状のパーツを作りますが48に描かれたフィンが見えるようにスリットをくり抜いてみました。

48~51で作ったカバーを取り付ける前にミッションにシリンダーを取り付けます。この時シリンダーの接合ライン(排気用の半円が描いてある方が下側になるようにします。)

シリンダーがしっかりと取り付けられたらカバーを取り付けます、カバーは先回の42のパーツの切り口にのりを着けて貼り付けます。

52と53で作るエンジンのディテールはカバーの裏側のアタリにつきます。写真↑

V74

大まかなエンジンの部分が出来たのでちょっとボディに組み込んでみました。(糊付けはまだです。)写真↑

とりあえずここまで…

PR

PR

| コメント (0) | トラックバック (0)

Faro Basso 組み立て(3)

PR

Vespaの特徴のひとつの「片持ちサス」を組み立てていきます。

V59

パーツは24~28のパーツを組み立てていきます。写真↑

V60

先回の20の先端に24を取り付け、それに並べように27+28の上部をフェンダー内の23に取り付け、糊が乾かないうちに25+26を取り付けます。25に取り付け角度の目安を記しているので参考に角度を決めます。

次にスプリングです。

V61

28bと28cで円柱を作りそこに28aを巻きつけます。この時28の巻初めの部分と巻終わりの部分だけに糊を着けるようにして、後からスプリングの間隔を微調整できるようにしてます。

V62

組み立てた28を20の脇に取り付けます。上部はフェンダー内23に下部は24に貼り付けるようにします。

次にドラムと車軸部分。

V63

29は二つ折りにしてブレーキのケーブルを作ります。31abと32abそれと車軸の30は丸めるように組み立てます。写真↑

V64

29に31a+31bを取り付けて31cで蓋をするようにします。そのあとで32を取り付けます。切り口で糊付けしていますが強度は十分だと思います。…ドラムになります。

車軸30を25に取り付けた後にドラムを差し込む様にして取り付けますが、29の小さな台形の状の出っ張りを24に接着します。ブレーキのケーブルはひねるようにしてフェンダー内の23に取り付けます。

以上で「片持ちサス」が出来上がりです。(パーツ29のブレーキ先端の引き金状の部分は描いているだけなのでボリュームが足りないと思ったらコピーして切り抜いたものを貼っても良いと思います。)

PR

PR

| コメント (2) | トラックバック (0)

Faro Basso 組み立て(2)

PR

フットガードは12と13です

V50

次に前のフェンダーです。

V51_2 

表のパーツ14と裏のパーツ15を貼り合わせて作りますが、あらかじめ中央の穴の部分に点線上にカッターで切り込みを入れておき、最後にくり抜きます。写真↑

V52

同様に左右のサイドカバー16+17と18+19を組み立てます。写真↑意外と難しいです。

V53

モノコックボディの各パーツが揃いました。(先回の潰れ防止のパーツ4dを4aの中に貼り付けます)

)今回の組み立てで一番難易度が高い部分だと思います。

V54

ハンドル部分から前輪に伸びるシャフトというのかな?です。パーツ20は2個所に折り曲がる部分があるのでパーツに描いてある点線をガイドにして組み上げます。21と22は二つ折りにしたのちに中央に穴をあけます。写真↑

V55

本体部分に22を写真↑のように取り付けてから。フットガードを取り付けますその後21を取り付けます。写真↑

V56

23を三角に折り曲げて20に通して接着します。赤い三角のマークをそろえるようにします。その後フェンダーのパーツに通してしっかりと接着します。写真↑

V57

本体の左側にサイドカバー(小物入れ)18+19を貼り付けて今日は終わり。

V58

写真↑右側のサイドカバーは差し込み式で取り外し可能です。試験的に前輪のシャフト?をボディの21・22に差し込んでみます(仮組立)。一気にベスパのイメージになってきた感じでしょうか…

今日はDVD「バトルシティ2033」を見ながらの作業でした。内容は今一つでお勧めできない感じでした。

明日はいよいよ仕事はじめなので早めに寝ます。お休みなさい。

PR

PR

| コメント (4) | トラックバック (0)