« 計算尺って何? | トップページ | 1/200 大和 YAMATO 缶室から煙路 »

1/200 大和 YAMATO 缶室

更新が遅れていることに加え大きな地震があったりして、ご心配をおかけしています。いたって健康に無事に活動していますのでご安心を…(笑)作業は缶室(罐室)と缶(罐…かま…ボイラー)です。

68

大和の罐室は12ありました。大和には4つのスクリューがあることからわかると思いますが、機関は4組…でボイラーも3罐×4組というとでした。具体的には↑右舷中央のユニットでは1号罐、5号罐、9号罐で一つの分掌区になっていて…このユニットの場合9号罐室に指揮所がありました。

69

人員的には1号罐、5号罐、9号罐の分掌区では士官分隊士以下罐長クラスが4人各3つの罐に班長以下作業員が12人着きました。…つまり1つの分掌区で40人…これが4組で…罐要員だけでで160人おられたということになります。

70

↑罐の脚を乗せる部分のパーツだけでA4二枚になりそう。

71

↑罐のパーツです。赤枠部分はお好みで使用する「罐の内側パーツ」…罐の内側はレンガで囲まれでいました。(ちなみにレンガと外側鉄板の間には「石綿」…悪名高きアスベストの層がありました。)青枠部分は罐の正面部分になりますが…

73

↑蒸気の配管が赤線のように走っていて、しかも後方に向けて少しずつ下がってく…(冷えると水になるため勾配を設ける)と思われますので…

72

↑ボイラー正面のパーツは配管出しの方向と高さが6種類になります…

74

↑ボイラーを動かすための補機といわれる装置類です。当時どのような補機が使われたのはなかなか明確ではありませんが…できるだけ調べて描きました…でもパーツは小さくなりほとんど見えなくなります。

75

↑補機類の接する壁です。補機は蒸気を動力とする小型タービン仕様のものやその排熱を利用するものとなるので、そのための配管を行っています。…配管は各分掌区でいざというときに切り替えができるようになっていたり、浸水時や故障時に閉鎖できるようにしてあったり、余分な水(ビルジ)を抜いたりの装置がところどころについていました。

76

↑一つの罐室にひとつづつ「罐操縦室(4,6,9罐室では兼分掌指揮所)」というのがあったようですが…人の出入り口がここにあると都合が良いのでおそらくそのようになっていたのではないかと思いドアを描きこんでいます。さらに日誌記帳台のような机と棚、伝声管や時計、傾斜計各種切り替え装置のようなものを描いています。ちなみに大和では伝声管もありましたが「毒ガス攻撃」に備えて電話(も配備されていたそうです)…完成時には見えなくなる部分なんですけど…汗

77

↑作業が煮詰まった時などは気晴らしにネットを徘徊…大和で使用されていたと思われる日用雑貨などが見つかるとせっせと描きこみをしてパーツとしてストックしています。…洗濯用たらいとか(笑)

 

|

« 計算尺って何? | トップページ | 1/200 大和 YAMATO 缶室から煙路 »

コメント

お元気とのことで安心しました。
緻密な作業が続きますが、目をいたわってあげてください。

投稿: Morris | 2019年7月15日 (月) 19時22分

凄いです。 これは平面図でこれは側面図で、パーツの折り曲げ線からすると立体はこんな形かと見ていくのが面白いです。 小物類もいいですねえ! リアル感があって楽しいです。 轟天号にも流用できそう! 一枚物でよいのでフィギュアが付けば最高ですね!

投稿: Ab | 2019年7月15日 (月) 19時30分

更新ありがとうございます!
何処でどうやって調べればここまでわかるのか!?
毎回楽しく読ませてもらって自分も詳しくなってうれしいです。

投稿: papercraft etsutan | 2019年7月15日 (月) 20時30分

更新きたー!!
と思ったらこの情報量。
毎回感服いたします。
毎回勉強させていただいております。

地震の影響が少なくお元気とのこと、安心しております。
ご自愛ください。

投稿: うめさん | 2019年7月15日 (月) 23時03分

この文章はgoogleで翻訳したものです。

大きな事故がなくて本当に良かったです。
元気に過ごしてください。

もう一度作品の大きさとスケールに驚きました。
小品作業は面白いです。
いつも期待しながら待ちます.

投稿: freejib | 2019年7月16日 (火) 02時06分

更新ありがとうございます。
あいかわず精密で大和ミュージアムに展示されても良いレベルですね。連絡すると、貴重な資料のコピーとかもらえ..無いかな..?

投稿: しおりん | 2019年7月16日 (火) 05時24分

更新お待ちしておりました。

細かいですね!
…これは◯ズキルーペ以前に老眼鏡にシフト決定(笑)
湿度の高い日が続きますが、頑張ってくださいね。

投稿: オジ | 2019年7月16日 (火) 06時46分

更新ありがとうございます。今回も楽しく読ませていただきました。このまま順調に進むよう応援してます。大和辞典になりそうですね。次回の更新も楽しみにしております。

投稿: mpv0921 | 2019年7月16日 (火) 07時14分

相変わらずの凄い量の、調査と考証と描き込みですね!
一連の記事だけで充分に読み応えのある書籍に纏められそうな気がします。

A4でいったい何ページ分位になりそうなのでしょうか?
自分は視力と指先の限界からA3に拡大印刷して、、となりそうなのですが😅

投稿: ZONY | 2019年7月16日 (火) 08時08分

更新待ってました。毎回細部にわたるリサーチに感服します。
この細密さで進んでいったら、A4何枚になるのでしょう?
完成したものを想像しただけで、ワクワクします。

投稿: nao | 2019年7月16日 (火) 08時08分

お元気で良かった・・・なによりです!
相変わらずの考察、さすがです。
日用雑貨!凄く楽しいですね。

投稿: まつ | 2019年7月16日 (火) 08時26分

洗濯用たらい・・・(笑)
日用雑貨まで準備されるとは、さすがです!
いつまでもお待ちしていますので、ご無理だけはなさらないで下さいね!

投稿: じぃにゃん | 2019年7月16日 (火) 08時34分

ご無沙汰しております。
妻の母の実家が新潟なので、他人事とは思えず心配しておりました。ご無事で何よりです。
今回の作品は物凄いことになりそうですね。期待しております。
仕事が忙しくて1年くらい拝見することができませんでした。
uhu02様も無理せず頑張ってください。

投稿: Kuro | 2019年7月16日 (火) 10時00分

すばらしいです。
本当に完成が楽しみです。
これなら更新にじかんがかかりますよね。
がんばってください。

投稿: ninja400 | 2019年7月16日 (火) 10時09分

下手な資料本の何倍も勉強になります!
完成が楽しみ~

投稿: Kunimimi | 2019年7月16日 (火) 10時36分

メルアド変更のお願い あの地震の被害も少なくて、先ずは安心しました。また「大和造船作業」も順調そうでなによりです。さて、私事で誠に申し訳有りませんが、自宅据置きPCが遂に壊れた為、新型PCに変更しました。そこで、同時にメルアドも変更しました。
昨年暮れに返信メールを頂いた際のメルアドは、既に削除しましたので御連絡申し上げます。何度もこの件について、メール送信を試みたのですが、上手く行かなかったみたいなのです。そこで、仕方無くこのサイトのコメント欄を利用させて頂きました。型紙送信の際は新アドレスの方へお願い致します。

投稿: 横山賢司 | 2019年7月16日 (火) 14時34分

お元気そうで安心しました。

いつもワクワクと楽しく見させていただいています、今回は前のロ号艦本式缶のつずきでしょうか。
日用品まで大変細かく描かれています、気長に焦らず進めて行ってください。

投稿: sekainoyakann | 2019年7月16日 (火) 19時19分

お疲れ様です。
雑貨品の中に計算尺があるのがいい味ですね~

投稿: kei | 2019年7月17日 (水) 02時09分

大和建造以外の私事で、いろいろ大変なようですね。
あくまでも貴兄の間合いで事を進められたし。
大和やその応援者は気が長いはずですので。
待つ時間こそ贅沢なひと時。御健勝を。

投稿: shinken | 2019年7月17日 (水) 06時32分

映画「トイストーリー」じゃないけど、夜中にちっちゃい妖精たちが
何千人と集まって、動かしてしまいそうなモデルになりますね。

投稿: ドラゴン斎藤 | 2019年7月17日 (水) 11時03分

お疲れ様です。
更新心待ちしていました。”ボイラーの足”だけでA4が2枚とは恐れいる情報量で頭が下がります。
所で前回「計算尺」の前後して、まるでUHU02さんとタイアップしているかのようなタイミングで邦画「アルキメデスの大戦」が7月26日から公開されますね。戦艦大和の弱点を計算から導き出すという題材の予告編では黒板に主人公が計算式を書くシーン(建造時状態の戦艦”長門?”を測っているシーンも)が登場していますが、それを見た瞬間思わず「オー!」どう見てもコラボとしか思えない内容で驚愕。戦艦大和映画の見方がUHU02さんのおかげで良い意味で変わったと思いますし見るのが楽しみです。
PS
劇中で計算尺を使用しているシーンが描かれていたら間違いなくUHU02さんと東宝はコラボしていると自分は判断します(笑)

投稿: マッチロック | 2019年7月17日 (水) 11時11分

見るたびにすごくなっていて、驚いています。

完成する日を楽しみにしております。

投稿: siro | 2019年7月17日 (水) 13時42分

こんばんは、記事の更新有難く読ませて頂きました。
毎回思うのですが、uhu02様の記事を読むことで、
大戦時の戦艦がいかに人力で動いていたかを認識させられます。
今で言えば一つの工場がフル操業している感じですね。
またいつものuhu02様お得意のユーモアで、
絵画や洗濯板等は、クスッと笑ってしまいました。

これだけの考証とそれに伴う考察、いつも感服しております。
またそれをいつも読ませて頂き、本当にありがとうございます。

追伸
そうですね、ドーラ婆さんも使ってましたよね!
やっぱり計算尺すごい!!

投稿: 迷える人 | 2019年7月17日 (水) 20時08分

御無事でなによりです。
いつもながらの緻密さに、ただただ驚きです。
個人的には絵画があったりの日用雑貨がツボでした。
更新の速度は気にせず、お体に気を付けてお過ごしください。

投稿: クルル | 2019年7月17日 (水) 20時28分

追伸2
大事な事を忘れていました。
昨日の地震の際、作品群も無事でよかったですね。
それにしても東京タワーは紙模型もすごい!!!

投稿: 迷える人 | 2019年7月17日 (水) 20時34分

小物から罐の内側レンガパーツまで揃っていて、uhu02さん節、さく裂ですね。でも、これで驚いてはいられない、と思います(楽しみにしています)。

投稿: zen | 2019年7月17日 (水) 21時01分

これは老後の一大プロジェクトになりそうです!!
でも、素敵ですよ!東京タワーで勉強してからになりそうですが、楽しみです!
今日は、千葉県柏市の東急ハンズで紙を見てきましたが、ちょうどいいやつが無く、
茨城県守谷市のジョイフル本田で、注文することになりそうです。

お体に気を付けてくださいね!

投稿: Terry | 2019年7月17日 (水) 22時55分

お疲れ様です。
更新ありがとうございます。
毎回、楽しく拝読させて頂いております。
お体ご自愛下さい。

投稿: アポロ | 2019年7月18日 (木) 03時32分

追伸
投稿名を「apollo」から「アポロ」に変更しました。

投稿: アポロ | 2019年7月18日 (木) 04時02分

パーツの図案だけで3000人が乗って動かしている船の営みを感じます。
ご無理をせずに!

投稿: とろ | 2019年7月18日 (木) 05時31分

う~ん。
個人的には水防区、注排水区というところが気になって仕方がないです。
武蔵は左右に雷撃を受けたので長時間沈まなかったのだけど、大和は片側から執拗に攻撃されたために転覆爆発したんでしたハズ。
左右のバランスを取るための送水ポンプがどこかにあったのか、無かったのか?

投稿: A.S.D.K2 | 2019年7月18日 (木) 19時31分

更新ありがとございます。
人間のサイズと比べると大和の巨大さがよくわかりますね。

大和といえばラムネですね!

投稿: マザーレイク | 2019年7月18日 (木) 23時32分

ご無事で安心しました。更新作業も精密で美しいです。

投稿: ペパクライケダ | 2019年7月19日 (金) 11時30分

お疲れ様です。更新があり安心しました。今回も情報リ量の多さに驚いています。
無理せずに更新作業が進むことを祈っております。

投稿: noboru | 2019年7月19日 (金) 18時33分

更新お疲れ様です。
膨大な情報量に唯々脱帽です。
それにしても、日用雑貨には目が点。笑
この先の展開ワクワクしてきます。
ご自愛ください。

投稿: あんずパパ | 2019年7月20日 (土) 09時26分

お元気で安心しました
更新を待っていました
精密で凄いです。
メールアドレスが変わりました

投稿: たっちゃん | 2019年7月20日 (土) 09時47分

更新、お待ちしていました。
いつもながらの緻密なリサーチとそれを精緻なパーツに落とし込む技術、感服致します。
まだまだ先は長そうですが、気長にお付き合いさせていただきたいと考えています。
くれぐれもお身体ご自愛ください。

投稿: Yoshi-Yoshi | 2019年7月20日 (土) 09時54分

uhu02様
 放火や水害ほか、良くないニュースばかりですが、久々に更新されたページを見て安心しました。
 以前、完成した大和を浮かべる場所は我が家にはないので作ることはないだろうと述べましたが、徐々に現れていくその内部構造に驚き、しかも人の存在を忘れさせない表現にとても興味を惹かれます。全体は無理としても、部分(断面も面白いですね)は作ってみようと思うこの頃です。
 巨大な大和を極小の世界に詰め込むのは、僕の想像をはるかに超える根気のいる作業でしょうね。これからの季節、熱中症に注意され、愉快におすすめください。

追伸
 引出しにHEMMIの計算尺があります(高校生のとき使っていました)
 貴方が、鉛筆と消しゴムと計算尺で大和を復元さている姿を思い浮かべ、なぜか納得していますよ(ピッタリやね、ワハハ)

投稿: paper moon | 2019年7月21日 (日) 10時00分

=======================================
Morris さん ありがとうございます。
アイスキャンデーを片手に暑さも楽しみながら趣味のペーパークラフトに邁進します。
=======================================
Ab さん ありがとうございます。
大和は一つの小さな町のようなものでありとあらゆるものが積まれていたので、少しずつ描いていければと思います。
======================================= 
papercraft etsutan さん ありがとうございます。
推測の部分も多いです。あらためて資料を見てみて「この推測じゃ矛盾が生じるからこうだな」といった感じで
自分自身でダメ出しの連続です。
=======================================
うめさん さん ありがとうございます。
缶室もだいぶ形になってきました。(頭の中でですけど…)
=======================================
freejib さん ありがとうございます。
まだまだおかしな小物も出てきそうです。
=======================================
しおりん さん ありがとうございます。
いつか大和ミュージアムに行かなきゃと思っているのですが…いつになることやら
=======================================
オジ さん ありがとうございます。
勤め先の作業が最近忙しくてそちらに時間と体力をとられてしまっています。
毎日少しでも大和を進めるようにしていますが…
=======================================
mpv0921 さん ありがとうございます。
蝉の声が聞こえて「夏だな~」と感じています。
=======================================
ZONY さん ありがとうございます。
A3に拡大印刷してもokなくらいには詳細に描きこんでいますが時間がかかるのが困ります。
=======================================
nao さん ありがとうございます。
枚数は見当がつきませんが…100枚200枚は軽く行くとは思います。
=======================================
まつ さん ありがとうございます。
日用雑貨…結構楽しいです。資料等で「兵員は上甲板で柔道や剣道、銃剣の訓練をしていた」とあると、当然
剣道の防具や柔道のマット、銃剣の木刀なども相当量積み込まれていたことになるので…そういったものも描かなきゃ
とか…
=======================================
じぃにゃん さん ありがとうございます。
ちなみに洗濯桶の収納場所は後部の測距儀の下の辺りでした。雨が降ると洗濯の時間になったとか…
たらいは折りたためないのでたぶん2~3種のサイズ違いのたらいを重ねて収納したと推測します。
=======================================
Kuro さん ありがとうございます。
地震は県北の…どちらかというと山形に近いほうで被害が出ました。新潟は南北にかなり長くその距離は東京~名古屋の付近までの距離になります。
=======================================
ninja400 さん ありがとうございます。
パズルと一緒で「一つ決まるとパタパタと解ける」ような感じもあります。缶室については9割解けた感じです。
======================================= 
Kunimimi さん ありがとうございます。
資料も色々ですが、特に図面の資料をなどは「読み解く力」が必要ですね。何度も見ていた図面でも「あ~この線はこのラインを表しているのか」と最近になって気づくということもしばしば…
=======================================
横山賢司 さん ありがとうございます。
pc故障大変でしたね。データとかは大丈夫だっでしょうか?
=======================================
sekainoyakann さん ありがとうございます。
ロ号艦本式缶の周りの補機(燃料ポンプやら給水ポンプやらです)の描き込みでした。
当時の最新式の機器だったかというと実はそうでもなく。安定した実績があるものが使われていたようです。
…他の艦から交換性などもあってのことだと思います。
主な装置や配管は「主」「副」の二系統ありそれは一回の攻撃で同時に被害にあわないようになるべく離して設置されていました。
=======================================
kei さん ありがとうございます。
記事にはしませんでしたが…海図上などで距離を測るデバイダー…には英仏式と独逸式の二系統あり、海軍は陸軍の独逸式に対して英仏式を採用していたとのことです。なので「英仏式デバイダー」を描いてみました。(小さすぎてわかりませんが…汗)
今は製造しているメーカーも少なくなった「英仏式デバイダー」ですが、シンプルで使いやすいとファンも多いようです。(資料用にとオークションでふたつ買ってしまいました…資料の役割が終わったデバイダーは風鈴として良い音を奏でています。)
=======================================
shinken さん ありがとうございます。
大和建造に携わることができる時間が贅沢なひと時ですね
=======================================
ドラゴン斎藤 さん ありがとうございます。
デルトロ監督の描いた「歯の妖精」を思い出しました。(the tooth fairy hellboy ←検索用)
=======================================
マッチロック さん ありがとうございます。
今までの大和映画と違って「当時の技術者の目線」というのが興味深いですね。
=======================================
siro さん ありがとうございます。
まだまだ先は長い感じです。(汗)
=======================================
迷える人 さん ありがとうございます。
無機的な工場ではなく、大勢の人達が動かす一つの工場…生活する一つの町って感じですね。
模型に人間味や生活感を出すか出さないか、あるいはどの程度だすのかは作る人の好みになると思いますが…
=======================================
クルル さん ありがとうございます。
絵画といえば司令長官室には横山大観の「富士山」、艦長室には川合玉堂の「三笠山」の絵が飾られていたそうです。
他の多くの絵と同様に最後の出撃時に「不要物件陸揚げ(搬出)」されたのか、大和とともに海底に沈んだのかは不明だとか。
=======================================
迷える人 さん ありがとうございます。
東日本大震災の時に東京タワーの最上部が折れ曲がりましたが…ペーパークラフトでもやはり先端部分が折れ曲がりやすいです。
=======================================
zen さん ありがとうございます。
良い感じに驚いてもらえるように頑張らないとですね
=======================================
Terry さん ありがとうございます。
ずっとpc上での作業なのでたまにはストレス発散でジョキジョキとハサミを使いたいです
=======================================
アポロ さん ありがとうございます。
ご自愛といえば…水分補給をするとアルコールの摂取量も上昇しがちで…どこかで間違っている気がしてます。
=======================================
アポロ さん ありがとうございます。
了解しました。
=======================================
とろ さん ありがとうございます。
わずかにでもそういうものが感じられる作品になればうれしいです。先人のためにも
=======================================
A.S.D.K2 さん ありがとうございます。
さすが目の付け所が鋭いですね。軍事機密なのであまり人に教えちゃダメなんだけど…
水防区は布がなんかを詰め込んだ区画だったかな。注排水区への注排水は4ケ所の注排水管制所で管理されていて、注水の際は遠隔操作で油圧の弁を開けて自然注水(一区画を15分以内)します。排水は同じく管制所からの操作で該当区画に圧縮空気を送り強制排水(一区画を30分以内)します。それと…これは内緒ですが、各区画から管制室までストローのような管が通っていて管から漏れる空気の感じで区画の注排水の状態がわかるようになっています。
(普通区の排水はビルジポンプで行い。このポンプ室がいくつも各所に配置されています。機関室などの大きな部屋には専用のビルジポンプ(兼消火ポンプ)もあります。)
これらとは別に船のバランスをとるために重油の移動が艦の前後の重油移動ポンプ室の100トン20台の重油移動ポンプで行われます。
=======================================
マザーレイク さん ありがとうございます。
ラムネ製造所は後方の三番主砲の右舷側の甲板昇降口から降りたところ、洗面所と食器消毒室の間にあります。
右舷側ですから間違わないように…左舷側だと第二兵員浴室の脱衣所に行ってしまいます。
=======================================
ペパクライケダ さん ありがとうございます。
ようやくボイラーとボイラー室が形になってきました。
=======================================
noboru さん ありがとうございます。
まだまだ先は長そうですがよろしくお願いします
=======================================
あんずパパ さん ありがとうございます。
日用雑貨だけでなく…図面を見ると「第一野菜庫」「第二缶詰庫」「長官食器室」「ミシン室兼火熨(アイロン)室」「写真室」などの記載もあり、そこに描くべきものを想像するとワクワクすると同時にクラクラします。
=======================================
たっちゃん さん ありがとうございます。
暑い夏を迎えますが体調に気を使いお互い頑張りましょう。
=======================================
Yoshi-Yoshi さん ありがとうございます。
頑張ります 気長によろしくお願いします
=======================================
paper moon さん ありがとうございます。
パソコンを使っているとはいえ、データを入れてエンター、後はコンピューターが描いてくれる…わけではなくまさしくやっていることは「消しゴムと鉛筆」です描いてはやり直し、修正して、調整して…の連続ですが頑張ります。贅沢な時間を過ごさせていただいていると思って

投稿: uhu02 | 2019年7月21日 (日) 22時43分

こんにちは!遅くなりましたが、お元気そうで何よりです!
ボイラー室等の細かい作りこみに加えて、日用雑貨まで細かく作っているとは、楽しみです。

投稿: まんぼう! | 2019年7月22日 (月) 09時56分

毎回更新される度に、これだけ細密な図面を起こす為にどれだけの資料を参考にしているのだろうかと思っています。
細かさだけでなく、小さなパーツに注がれた温かみが感じられ嬉しくなってしまいます。
戦艦大和を造っているけど、大工場大和にお勤めの人々の職場。大和町内会住人の生活の場。それらをのぞき見しているようです。
蒸し暑い毎日です。お身体お気を付け下さい。

投稿: 51式Jijii | 2019年7月22日 (月) 21時16分

ここ最近いろいろ失われたものや人を思うと気分が塞ぐのですが
普通に勤め人なのにここまでの偉業!uhu02閣下!感嘆と畏敬の念を禁じえません。
何度も立ち寄りながら元気をもらっております。また皆さんのコメントいろいろ勉強になりますね。
気の効いたことはいえないのですがくれぐれもご自愛くださいませ!

投稿: Oya | 2019年7月23日 (火) 20時03分

極秘情報をありがとうございます。
こんな情報を入手したら、憲兵に追いかけられる。どころでは済まなくなりそうで~す。

投稿: A.S.D.K2 | 2019年7月25日 (木) 18時27分

これだけ大きな船のエネルギー源ですのである程度は想像していましたが予想以上のボイラー(窯)ですね。でも当然といえば当然かも。
改めて大和の大きさ(規模)を実感しています。
厳しい暑さに体調を崩しませんように・・・。

投稿: 一番搾り | 2019年8月 5日 (月) 11時12分

今日、8月7日は「月遅れの七夕」ですが、今年は「伝統的七夕」と同じ日です。
次に「月遅れの七夕」と「伝統的七夕」が重なるのは、2038年とのこと。
今思えば子供のころ作った「七夕の笹飾り(吹き流し、紙提灯、願い事を書いた短冊)」が、初めてのペーパークラフトだったのかも知れません。
今よりもそんなに遠くない昔、無数の光が夜空にあった頃、梅雨もすっかり開けて、天の川は田んぼの向こうから頭の上に、立ち上がるように見えました。
そんな昔を思い出しつつ みなさまが健康で過ごせますように!
このところ暑い日が続いています。くれぐれもご自愛ください。

投稿: sirius | 2019年8月 8日 (木) 00時34分

型紙に人型があるとその大きさが実感できて良いですね。
今後の進捗も楽しみにしています。

しかし、今年も地震や豪雨災害など油断できませんね。
どうぞ、ご自愛くださいませ。

投稿: かぴばら | 2019年8月 8日 (木) 15時52分

お元気で何よりです!

相変わらずの細かさ,何と言うか,本当にすごいです!
すごいという言葉以上です!
私のボキャブラリーが足りないため,もっと言い表したくても言葉が見つかりません.

資料をしっかりと調査し,さらに時計や洗濯板の日用品もあるし,ラムネまであるとは,,,
部屋やパーツと人を比べるとさらにリアリティが増しますね!
完成を楽しみにしています.

最近ずいぶんと熱くなってきましたね.
くれぐれもご自愛ください.

投稿: あさり | 2019年8月 8日 (木) 19時08分

暑い日が続き、台風まで来ていますが、お体ご自愛下さい。

投稿: koi | 2019年8月15日 (木) 09時13分

久しぶりのコメント
毎日暑くて画像を見ていると頭がクラクラしてきます。
戦艦大和の主砲は、現在の技術では作れないとTVで見たような、新刀と古刀で地方によって鉄が違い作れない、こんな内容の中に大和の主砲の話がありました。
鉄が違う?、地方によって?私には解からないことだらけです。
昔の人は今の人間と全然違うような気がしてきます。

投稿: taka | 2019年8月17日 (土) 12時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 計算尺って何? | トップページ | 1/200 大和 YAMATO 缶室から煙路 »