« 1/200 大和 YAMATO 艦底 二重底とバーチカルキール1 | トップページ

1/200 大和 YAMATO 船蔵Hatch deckとバイタルパート

1/200 大和 YAMATOは現在船体の下部から順にデッキの3D化と描きこみを行っていますが…

39
37

↑前回の船底二重底に続き船蔵Hatch deckを描いています。…描くといってもまだ位置確認のためのメモと色分けをしているだけですが…(最終的には配管やハッチ、配電盤などを描いていくことになります)

40

↑船蔵Hatch deckの船首部分です。黄色のバランスタンクの後ろに錨鎖庫Anchor cable roomや電気科、砲術科、機関科の倉庫に加え兵員達のお楽しみ「酒保庫」があります。その後ろには探信儀送波器維持装置室Sounding roomや第1・第2重油移動喞筒(ポンプ)室Oil Pump roomがあります。砲塔や火薬庫の下になる部分はオレンジ色で示した「注排水区」が並んでいます。両舷には重油タンクが並んでますね。

41

↑中間部は船の心臓部…缶室と呼ばれるボイラー室が12庫並び更に両舷に二つづつの機械室があります。ここはボイラーの蒸気を回転運動に変えるタービンの並ぶエンジンルームになります。両舷の間には造水゜装置室があり海水から真水を作っていたようです。


42

↑後部は重油タンクと真水タンクが並びその後ろに第3・第4重油移動喞筒(ポンプ)室Oil Pump roomがあります。前部と合わせ4つの重油移動喞筒で攻撃を受けて船体が傾斜したとき前後左右の各タンクに重油を移動させて船の傾斜を直したそうです。その後方には飛行機用の燃料タンクとポンプが配置されていました。

さてこの後船蔵Hatch deckの各部屋の仕切りをデータ化してパーツ化するのですが…一筋縄ではいきません。なぜかというと…


38

大和の特徴の一つであるバイタルパートと呼ばれる装甲と一体になっている部分があり、ここはどうしても避けて通るわけにはいかないからです。データ化が一気に難しくなっきました。このバイタルパートというのは斜めになった分厚い装甲(最大40センチ?)で外殻部分に当たった弾を弾くとともにこの中がこの中が浸水しなければ絶対に沈まないというまさに核となる部分です。オレンジで示した部分です。(最終的には下図のように一部を切り取った感じでペーパクラフト化します。)
「斜めになっている」ってことはそれだけ難しい部分という事になるのだけど…やりがいがありますね。頑張ります。

PR



|

« 1/200 大和 YAMATO 艦底 二重底とバーチカルキール1 | トップページ

コメント

お疲れ様です!!
型紙にすると、船体だけでA4何枚になるのでしょうね・・・・
次のUPを楽しみにしてます。

投稿: kei | 2019年2月24日 (日) 23時39分

イラストレーションとしても凄いです!
見ているだけで、気が遠くなりそうです(笑)

投稿: maskedrider | 2019年2月24日 (日) 23時47分

記事を読んだあとに一番上の全体図を見ると気が遠くなりそうです

投稿: BlueBacks | 2019年2月24日 (日) 23時49分

この文章はgoogleで翻訳したものです。

新しく作成された記事を見るたびに
驚きに恐ろしいです。
作品の規模と作業量が本当に驚きます。
すごい作業能力に賛辞を送ります。
次の文も期待します。

投稿: freejib | 2019年2月25日 (月) 00時39分

この内部構造、全部を再現する予定なんでしょうか。長丁場になるだろうとは思ってましたが複数年掛かるかもと思えてきた… 頑張って下さい。

投稿: firefox2772 | 2019年2月25日 (月) 00時57分

こんなに複雑な構造だったのかとあらためて感じています。
解析するだけでも大変な労力だと思いますが、ステップバイステップで
頑張ってください。

投稿: まつ | 2019年2月25日 (月) 08時10分

お疲れ様です。
いつも楽しく拝見させていただいております(というより毎回、驚愕の連続ですが・・)。
今回も今まで、さんざん大和プラを作ってきた経緯がありますが「配管やハッチ、配電盤を描く・・」という文字が目に飛び込んできた瞬間、今まで作っていた大和は何だったんだだろうと
いうカルチャーショック(大げさではなく)を受けてます。

投稿: マッチロック | 2019年2月25日 (月) 09時35分

「不沈艦」と呼ばれていた由縁ですね。

(明治維新から百年も経っていないのに、この船を造るとは)と改めて思いました。
「大和誕生秘話」としても、面白い展開が期待できそうで楽しみです。

言うまでもないことですが「創作者としての徹底振り」には尊敬のほかありません。

投稿: takosuke | 2019年2月25日 (月) 09時56分

お疲れさまです。
詳細に調べて研究し図面化、すごいです。
毎回楽しみです!!!

投稿: まんぼう! | 2019年2月25日 (月) 17時09分

uhu02様、お疲れ様です。

内部などの複雑な構造の再現、気が遠くなりそうな作業ご苦労様です。
凄いですね、一度広島の大和ミュージアムに行きたいと思っていましたが、uhu02様が再現されているので、いく必要が、なくなります。

投稿: sekainoyakann | 2019年2月25日 (月) 18時20分

お疲れ様です
内部構造がよく分かり、凄く勉強になります
イイですね~ 沈まないはずですね
最後まで残ってほしかったです。

これからも頑張ってください
楽しみにしております

投稿: Hiro | 2019年2月25日 (月) 19時29分

毎度のことですが、緻密な考察にはただただ頭を垂れるのみです。
長丁場になりそうですから、時には息抜きも必要かもしれませんね。
制作のプロセスも含めて、楽しませていただきます。

投稿: Yoshi-Yoshi | 2019年2月25日 (月) 20時31分

毎度の事ではありますが、とてつもない物が出来そうですね。
更新されていなくても、同じところを何度も読んでo(^-^)o ワクワクしているのです。
無理なさらずマイペースで頑張ってください・・・としか言えないのも辛いです。

完成を楽しみにしておりますm(__)m。

投稿: Terry | 2019年2月25日 (月) 23時03分

こうやって構造が分かって来ると、当時の日本の造船技術の凄さがわかります。
それにしても気が遠くなるような作業ですね・・・・・・

投稿: Y.Shimada | 2019年2月26日 (火) 06時34分

毎回更新を楽しみに過去記事を拝見させていただいています。
聞いたことのない言葉が、次々出て来て勉強になりなす。

投稿: mpv0921 | 2019年2月26日 (火) 08時26分

更新お疲れ様です。この図面や製作工程を見ていると、我々日本人の「自分に与えられた役割」に対する取り組みの誠実さをひしひしと感じます。
たぶん、この企画がなかったら、私はこのような気持ちを味わえなかったでしょう、
また、この精神は今でも日本人のモノづくりの姿勢に反映されているのではないかと、想いを馳せます。
どうか完成を、最終ゴールにせず、思いついたところから形にしていってください。私にとってはどのシーンも最高のストーリーです。
くれぐれもご健勝をお祈りいたします。

投稿: shinken | 2019年2月26日 (火) 11時26分

帆船模型では、船体だけを詳細に作り込んだストラクチャーモデルがありますが
この大和も船体だけで見ごたえ十分なものになりそうですね。
艦橋もこんなに細密になっていくのでしょうか、楽しみです。

投稿: nao | 2019年2月26日 (火) 12時31分

お疲れさまです。
毎回更新のたびに詳細な検証に感服しております。
設計の工程、存分に楽しませていただきます。

投稿: うめさん | 2019年2月26日 (火) 13時08分

ご苦労様です
もう私にはわかりませ-ん、すごいの一言です
これだけ詳細だと型紙はなんまいになるのでしょうか

投稿: tata | 2019年2月26日 (火) 15時48分

My Teacher, every advance in his work is spectacular, I see a number of comments that show his quality as a paper artist, we follow the progress closely, a thousand thanks for sharing, as always a great greeting from the other side of the world, your fan, David Rojas Bosada, from Xalapa, Veracruz, Mexico.
Mi maestro, cada avance en su trabajo es espectacular, veo una cantidad de comentarios que demuestran su calidad como artista del papel, seguimos de cerca los avances, mil gracias por compartirlo, como siempre un gran saludo desde el otro lado del mundo, su fan, David Rojas Bosada, de Xalapa, Veracruz, México.

投稿: DR DAVID ROJAS BOSADA | 2019年2月26日 (火) 17時08分

書き込み作業だけですごいですね。
組み立てまでですから圧倒される感じです。

投稿: あお | 2019年2月26日 (火) 17時11分

ただただ、凄いとしか言いようがありません。
次回の更新も楽しみにしています。

投稿: apollo | 2019年2月26日 (火) 18時06分

うーん、すごすぎ! 気が遠くなるけど楽しみです。
無理なさらずに。

投稿: おとーたん | 2019年2月26日 (火) 20時18分

お疲れ様です。
なんだか造船の授業受けてる気分になりますw

投稿: マザーレイク | 2019年2月26日 (火) 23時47分

コメントできないくらいの圧巻さです。

投稿: ペパクライケダ | 2019年2月27日 (水) 11時34分

圧倒されて言葉がありません。

投稿: siro | 2019年2月27日 (水) 11時59分

見ているだけで大和通になれそうです!

投稿: Kunimimi | 2019年2月27日 (水) 12時35分

造船作業、お疲れ様です。

バイタルパートの図を見て、「轟天号」の指令発令室や引き込み式艦橋の内部構造を思い出しました。

実際にペーパークラフトで再現する際には、船の内部に船を造る感じでしょうか。
凄すぎます!

投稿: パオさん | 2019年2月27日 (水) 14時19分

こんばんは、船底の区画の設計、圧倒されました。
地道な作業のようですが、区画ひとつひとつが大和を構成しているんですね。

皆様のコメントを読んで、今まで「厚紙、厚紙」と騒いでいた自分が恥ずかしくなりました。
特に今回の区画などは薄い紙の方が適してますね。
まだまだ思慮が足りない「迷える人」でした。

こちらも二月とは思えない暖かな日が続いています。
どうかご無理なさいませんように。

投稿: 迷える人 | 2019年2月27日 (水) 20時08分

作業お疲れ様です。
酒保庫にこもりたいものです。

投稿: Morris | 2019年2月28日 (木) 19時27分

追記。
地震の御心配ありがとうございます。
札幌は揺れだけで、今回はブラックアウトも起きず大丈夫です。

投稿: Morris | 2019年2月28日 (木) 19時34分

この作品が完成するころには自分が、ちょっとした大和博士になれるような気がしてきました。
毎回更新を楽しみにしております。

投稿: 一番搾り | 2019年3月 1日 (金) 18時18分

素晴らしい、圧倒されます。
戦艦大和と共に 坊ノ沖海戦で亡くなられた方々の為にも、
立派な作品に仕上げて下さい。

投稿: あんずパパ | 2019年3月 3日 (日) 13時36分

毎回圧倒されて、なかなかコメントの文章が浮かびません(笑)
自分が普段仕事で、なにげなく作っているポンプなどの部品が、大和ではどの位置にあったのかなど、すごく勉強になります。
無理せず、お体に気を付けてお過ごしください・・・更新を毎回楽しみにしています。

投稿: クルル | 2019年3月 3日 (日) 21時13分

大和の造船に携わった人々の御霊が相当感心しているかもしれません。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚
私なんかは感心をとおりこして唖然とすることが多いんですが!

投稿: Oya | 2019年3月 4日 (月) 06時19分

お疲れ様です。
いつもながら・・やはり思います・・ペーパークラフトですよね?って。
もはや「戦艦大和の構造研究所」ですね。圧巻です。

もう、個人で作る規模と思えなくて・・
どっかの学生さんが何十人、数か月かけて、卒業製作で作りそうな・・(笑)

いつも楽しみにしてます!頑張ってください!

投稿: ゆう | 2019年3月 4日 (月) 19時37分

Your "ordinary" level of effort is very close to our maximum.
If you will do your best, as you say, this will be an absolutely epocal enterprise!!
Please take your time, life is though, and always remember we are here to support your work with our appreciation.

投稿: Tonino | 2019年3月 4日 (月) 22時42分

はじめまして!
今まではROMしているだけでしたが、
あまりにも凄い制作を行っている事に感激し、
コメントを書かずにいられなくなりました!

難事業でしょうが、身体壊さずに制作していって下さい
応援しています!

投稿: 奇行師 | 2019年3月 5日 (火) 14時30分

感動です!! 3D化と書き込みだけでも素晴らしい作業です。
日々の進行と完成までがとても楽しみでなりません。

非常に大変な作業ですがこれからも頑張ってください。応援しています。

投稿: damodamo | 2019年3月 6日 (水) 03時16分

毎回、驚きの内容です。
制作記もすごいですが、大和の豆知識(豆じゃないけど)が
ディアゴスティーニの付録の本なみに、充実してきてますよね。
気長に、そして熱烈に応援しています。がんばって下さい!

投稿: かぴばら | 2019年3月 7日 (木) 16時12分

おはようございます。 詳細な確認や、組み立てに当たっての構成の検討などを、着々と進められている事、敬服いたしております。DLしただけで手のつけられなかった U-96 轟天号 にて
自主トレを始めます。次回のアップを心待ち致して居ります。

投稿: 51式Jijii | 2019年3月 8日 (金) 10時01分

So many details! Awesome :)

投稿: ruben77 | 2019年3月 8日 (金) 10時41分

展開図を見るとペーパークラフトではなく、造船工場での設計書のようです。ペーパー1/1で作ったら、なんて想像してしまいます。

投稿: usan | 2019年3月 8日 (金) 15時55分

お疲れ様です。
すごい資料になってきてますね。
すべての製作過程を製本すればシコルスキーさんの図面集に負けないものになりますね。
零観の図面で試しに作っています。
小さくて難しいですね。どこのパーツかわからないものもあります。
早く製作過程を見てみたいです。急がなくてもいいですから。

投稿: noboru | 2019年3月 8日 (金) 16時16分

お疲れ様です。
凄い作業量ですね。気が遠くなりそうです。
無理せず、お体に気を付けてください。

投稿: 宇都宮 | 2019年3月 8日 (金) 17時15分

少しペーパークラフトから離れており、久しぶりに拝見させていただいたら・・・また素晴らしくも恐ろしいものを作製されてらっしゃいますね!
またリアルタイムで進捗を拝見させていただきます!

投稿: 拓 | 2019年3月 9日 (土) 00時04分

予想通りの膨大な作業量、しかし目にすると圧倒されますね。 月並みですが、体を壊さぬよう無理をせずに急がず楽しんで設計してください。

投稿: Ab | 2019年3月14日 (木) 16時27分

Outstanding work, can't wait to see the finished product.Keep up the good work. I put together your Hellboy gun and it looks great. Missed out on your Harley Quinn gun. I would love to get a copy of the Harley Quinn gun and can't wait to see the finished ship. Kudos to a Papercraft master. 2quik604@gmail.com

投稿: 2QUIK604 | 2019年3月14日 (木) 17時08分

Star Blazers (Battleship Yamato) was one of my favorite cartoons as a child. Your attention to detail is incredible. I missed out on the Battlestar Galactica Viper templates as I only started building Papercraft models 2 years ago. I would love it if you could email me the Viper and Harley Quinn Handgun templates at 2quik604@gmail.com.. I would be eternally grateful. I work as a boat builder assembling Rigid Inflatables. Boats that are used by the military and Navy's of the world. I appreciate your hard work.
Thanks
Darren B.

投稿: Derrin B | 2019年3月15日 (金) 12時48分

子供の頃、亡き父は、静岡で軍工場に就いていたことを話してくれました。
「夜間空襲警報にはね起きた頭の後ろに風を感じたが、翌朝壁には金属片が刺さっていた」と話してくれました。
ひょっとしたら、今自分はここにいなかったのでは、と戦争を身近に感じたことを覚えています。
また、同僚には元神風特攻隊の隊員の方がおられ、写真を見せてもらうとまぎれもなく戦争が目の前にありした。

模型を作りながらも平和を祈らざるをえません。

投稿: usan34 | 2019年3月23日 (土) 17時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1/200 大和 YAMATO 船蔵Hatch deckとバイタルパート:

« 1/200 大和 YAMATO 艦底 二重底とバーチカルキール1 | トップページ