« 轟天号 型紙の制作(25)甲板 | トップページ | 轟天号 型紙の制作(27)艦橋その2 »

轟天号 型紙の制作(26)艦橋その1

艦橋です。

133

ここも映画と設定画でだいぶ感じが違っている部分です。

131_2

設定画の赤い矢印部分、映画版では省略されていますが「波消し板」がついています。ドイツのU-ボートにもありますが、潜水艦の艦橋は水面に近いので艦橋にぶつかる波を上に跳ね上げる物です。ペーパークラフト版ではここも再現したいと思います。

132_2

こんな感じのパーツになります。この後更にクリスマスツリーならぬ艦橋の飾りつけが続きます。
====================
車のタイヤを冬用に交換しました。エクストレイルからノートに買い換えたのでタイヤ交換が非常に楽です。軽いというのもありますが、クリップ(ナット)が5個本から4個になったというのも大きいです。これでもういつ本格的な雪がやってきても大丈夫…かな

PR


|

« 轟天号 型紙の制作(25)甲板 | トップページ | 轟天号 型紙の制作(27)艦橋その2 »

轟天号」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224930/62824953

この記事へのトラックバック一覧です: 轟天号 型紙の制作(26)艦橋その1:

« 轟天号 型紙の制作(25)甲板 | トップページ | 轟天号 型紙の制作(27)艦橋その2 »