« Space Station V 組立(2) | トップページ | Space Station V ケーブルの検討 »

Space Station V 組立(3) ビロビロのりしろ発案

PR

シャトルの発着口を作っていきます。

113

↑パーツは103~106です。103に発着口の斜めになった部分(105と106)を取り付け、箱状にした104を取り付けます。105と106は切り口で゛貼り付けましたが、104は紙片で後付けののりしろを作って取り付けています。

114

↑外側です。パーツ107aを107bで筒状にします。そこへ108bと108aを巻き付けるように貼り付けます。この時108aの向きに注意してください赤〇の様にハシゴ状のディテールが発着口側になります。また各パーツの切り口接合部分を揃えるようにします(⑥時の位置になります)。注意として108aは使用する紙の厚さによって巻き付けたとき「余る(長い)」あるいは「足りない(短い)」場合があるかもしれませんがトリミング(切断)して貼り付けると後でアーム(エレベーター)の取り付けの時に支障が出ると思います。108bを薄い紙、あるいは厚い紙にするなどして107に108がフィットするように調整してください。…0.2mm前後の紙を使用していれば型紙のままの長さでOKです。
先ほどの103~106のパーツを貼り付けるのですが今回「ビロビロのりしろ」を考案してみました(パーツ化はしてません帯状の紙をジグザクに折っただけですから…)。通常のののりしろだと円の縁を直線で切り分ける、多角形になってしまうのですが、この方法だと円のまま十分なのりしろが得られます。ナイスアィデアと自我自賛happy01

115

↑後ろ側の円錐形のパーツを組んでいきます。109aと109bで作った円錐形に110と111を貼り付けます。110は0.5mm程度109からはみ出す形(糊代がわり)となります。接合の切り口が一致するように貼り付けてください。111は若干長いのでトリミングするなりします。
次に112に113を円形に垂直に糊付けします。写真の様にニードールの先に糊を付けて円形に糊を付けて113を立てるように糊付けすると作業しやすいようです。最後に114を取り付けます。

116

↑三つのパーツを糊付けして発着口(A面側)が完成しました。

117

↑同様に裏側の発着口(D面側)をパーツ125~136で組み立てます。

118_2

↑前後の発着口が出来ました。
続いて前後の発着口を繋ぐ部分を作ります。

119

↑パーツ115aと115bを筒状に貼ります。次に二つ折りにして中央をくり抜いた124を115に通すようにして貼り付けます。厚み用のパーツ116と117を貼り付け117にはさらに118を貼り付けます。最後に119~123を上下に気を付けて貼っていきます(切り口は⑥時方向で一致(揃えます)させます)。116~123を貼る時に多少長めなので「余り」が出ます。ここはちょっとトリミング(切って長さ調整)しました。

120

↑前後の発着口とそれを繋ぐ部分…ハブっていうのかな…が出来ました。中間部分を前後に差し込んで摺合せをしてみます。(接着はまだです)。
今回は時間が無いので…ここまで

PR

PR

« Space Station V 組立(2) | トップページ | Space Station V ケーブルの検討 »

コメント

さすがです。ピロピロ糊代には脱帽です!
中心部だけだとまるで鉄アレイですね(^^;)

投稿: マキノ | 2012年11月20日 (火) 10時21分

マキノさん ありがとうございます
「ビロビロのりしろ」はある程度適当に作っても使えますが、きちんと設計すれば円柱と円錐のような角度のついた部分の糊付けにも使えそうです。

かなり小さめの「紙アレイ」が出来ましたが…ここに「いかに」エレベーターを正確に取りつけるかが問題ですねhappy01
…今回はリングを作る時に抜いた部分の設計を変更してゲージとして再利用する方法にします。

投稿: うーふおーつー | 2012年11月20日 (火) 12時00分

あらためて見渡すとこのブログは珠玉の宝石がぎっしりと
詰まった宝箱に見えてきました。
細かい作業が続きそうですが、しっかりと見させていただきます。作業しながら次の構想がふつふつと湧いてきているのでは?

投稿: manmalu | 2012年11月20日 (火) 20時53分

このスケールのオリオン号?
でもでっかいオリオン号も欲しいしなあ・・・
失礼しました。24hours

投稿: manmalu | 2012年11月20日 (火) 21時01分

ビロビロ糊代!豪速球でどストライクなネーミングが素敵です(笑)

建設中部分は燃えますね〜
実際作業にかかったら泣きながら
の作業になりそうですが…

エレベーター記事も楽しみにしてます

納竿したけどお客さんが「タチウオEX」という竿やタチウオ針いっぱいくれたので、行こうかな…行って使った感じ報告した方がいいよな〜って迷ったんですが、寒さに負けました ´д` ;

投稿: ムズ | 2012年11月20日 (火) 22時51分

此処に遊びに来るたびに
「2001年宇宙の旅」並びに「2010」を
観たくなります。
ブルーレイ・レコーダーも導入したことですし
ディスクも新たに購入しようカナ。

投稿: takakoinochi | 2012年11月21日 (水) 05時19分

manmaluさん ありがとうございます
発着口に透明プラ板を差し込み小っちゃいオリオン号を作って乗せて映画のシーンを再現…というのも良いですね。

投稿: うーふおーつー | 2012年11月21日 (水) 07時07分

ムズさん ありがとうございます
「糊代EX」というネーミングも良いかなと思ったのですが直球でいってみました。…ビロビロ糊代です。

エレベーターとその上下のケーブルが最後の難関になりそうです。

投稿: うーふおーつー | 2012年11月21日 (水) 07時13分

takakoinochiさん ありがとうございます
ブルーレイ…良いですよ。画像が鮮明になりまるで別の映画を見ている感じになります。逆に…DVDっていったいなんなんだったの?って感じ。
そういえばLDからDVDに変えたとき「DVDの画像ってこんなもん?LDの方が綺麗みたい」と感じましたね。

投稿: うーふーおーつー | 2012年11月21日 (水) 07時17分

ピロピロ糊代、目からうろこです!
発想のすばらしさにただただ脱帽。
本当に参考になります。

投稿: まつ | 2012年11月21日 (水) 08時11分

まつさん ありがとうございます
小さいパーツならのりしろ無しで切り口で貼り付けるのですがそこそこ大きくて目立つパーツだったので「ビロビロ」にしました。実はビックベビーを作った時にビロビロさせてない「鉢巻のりしろ」(紙の切り口を2倍にして切り口糊付けするというもの)を考案したのですが…その延長が「ビロビロ糊代」というわけですね。

投稿: うーふおーつー | 2012年11月21日 (水) 10時22分

この記事へのコメントは終了しました。

« Space Station V 組立(2) | トップページ | Space Station V ケーブルの検討 »