« Shadeモデリング(3) | トップページ | Shadeモデリング(4) »

DL-44 Greedo Killer 組み立て(3)

PR

本体上部の実際の銃ではサイト基部に当たる部分です。

Gk18

小さいパーツなので細かいノリシロは切り取ってしまって切り口で糊付けしています。

Gk19

本体に取り付けました。ついでにケース補強も組み立てました。

Gk20

PR

PR

« Shadeモデリング(3) | トップページ | Shadeモデリング(4) »

コメント

光沢の紙もあるようですが、マットな感じの方が重厚な感じがするような気がします。

投稿: マキノ | 2010年4月15日 (木) 17時34分

マキノさん ありがとうございます。
なるほどそうですね。重厚な感度がします…銃口のあたりが特に…

ツヤ・素材と言うのはデザイナーにとってはデザインの一部なのだなと感心しました。さすがマキノさんです

投稿: uhu02 | 2010年4月16日 (金) 02時46分

この記事へのコメントは終了しました。

« Shadeモデリング(3) | トップページ | Shadeモデリング(4) »