« グリードキラー | トップページ | Shadeモデリング(1) »

DL-44 Greedo Killer 組み立て(1)

PR

試行錯誤の一週間でした。思った感じの質感が得られなかったからです。

最初に考えたのがメタリックのシートに印刷したものを型紙に貼るという方法。

Gk12

手間は倍以上です。

Gk13_2

かなり金属感が得られるのですが…

Gk14

メタリック感が裏目に出るとヨレヨレ感になりみっともない!!でした。

再度印刷調整…ところがなかなかスッキリとした「黒」が出ません。
どうやらプリンターの設定を「きれい」にすると黒インク以外のインクで黒を表現しようとするようで紙質(コート材質)によっては変な色になるようです。そこであえて「標準」にするとよい感じの「黒」が出てくれました。

と言うことで…再開。

Gk15

艶消しですが綺麗な「黒」です。糊がはみ出てしまったり汚してしまうと白以上に目立つので注意しながら作ります。

Gk16

好みの問題もあると思いますが…今回は下のほう(艶消し黒)で行ってみます。

PR

PR

« グリードキラー | トップページ | Shadeモデリング(1) »

コメント

家庭用プリンターは基準がないので、僕は商業印刷の知識で着色や設定で作ってます。だから商業印刷やレーザープリンターだとほぼ同じ印刷に仕上がるのですが、家庭用インクジェットとなると、機種やメーカーさらに紙質でまったく色が変わってしまいます。
困ったものです。

投稿: マキノ | 2010年4月13日 (火) 14時16分

マキノさん 毎度です
まぁその辺がネットDLペーパークラフトの限界と言うことですかね。takakoinochiさんみたいに技術力でカバーする人もいますが…

投稿: uhu02 | 2010年4月13日 (火) 18時33分

この記事へのコメントは終了しました。

« グリードキラー | トップページ | Shadeモデリング(1) »