« C3POの組み立て(2) | トップページ | C3PO完成 »

C3POの組み立て(3)

PR

腕の組み立てです。っとその前に!!!今回の型紙をsfpaperistさんにチェックしてもらいました。ペパクラデザイナーで出力した型紙を下絵にしてイラストレーターで仕上げているのですが凸ラインの引き方について「レクチャー」をしていただきました。「釈迦説」に【特別講座】sfpaperistさんのLineの引き方として掲載させてもらいました。なるほどこの方法ならきれいにスピーディに描けるなと感心しました。どうもありがとうございました。

C20

で、腕(~手)です。28と29で肩の部分を作りました。29の白い部分を28の内側になるようにして貼り付けました。

30と31を組み立てておきました。(この時点で30と31は接着しません)

手は先に指を作りました。写真の37のパーツのように「つる首ピンセット」を利用して指の先端の四角柱を組み立ててから次の関節の四角柱を組み立てました。同様に33から36の指も組み立てます。

次に32の手です、手の甲はそのままでも良いのですが写真のように折り曲げてくぼみ部分を再現するとC3POらしくなります。同様に手のひらも先端になる部分をつぶして実際の手のようにしておきます。

ここで手に指のパーツを貼り付けていきます。33の人差し指から始まって37の小指、最後に33の親指を手にはさむようにして貼り付けます。

38、39、40のシリンダーのパーツは余白をつけて切り取り中央のラインで折り曲げて貼り付けた後に余白部分をカットしました。

ここで30と31を接着するのですが30を31に差し込むようにして糊付けします、のりが乾かないうちに角度の調整をしながら38、39、40のシリンダーのパーツを貼り付けました。

うでの部分と肩の部分は肩の脇ののりしろと腕の外側ののりしろで張り合わせます。取り付け角度は自由でも良いと思いました。

最後に手を腕につけて出来上がりです。手は手首の部分にのりをつけて腕に差込みますが、これも好みの角度でよいと思います。

同様に左の肩~手も組み立てました。(41~50)

・・・今日は時間がなくて北の国のMIG15が作れませんでした…残念(悲)明日ホームセンターで万能のり&ナットを買ってきて作ります。

PR

PR

« C3POの組み立て(2) | トップページ | C3PO完成 »