=トピックス・お知らせ=

小さい方の東京タワー(おまけつき)もようやくゴールが見えてきました。完成記事(型紙up)までもうちょっとです。

| | コメント (0)

1/12ファルコンコックピット 後方の右舷壁

後方の壁です。天井から側面にかけてのディテールを資料とにらめっこしながら描き込んでいます。

12

↑資料によってディテールが異なる場合も多々あるのですが最大公倍数的に確認されるディテールは描き込む方向で進めています。一週間でようやく右舷側ができました。
さてこの右舷側のパネル赤い矢印で示した黒いハッチというかパネルが「フォースの覚醒」でレイさんがほこりをかぶりながら開いての回路を引っ張り出すパネルです。ところがこのディテール(スケール)のままファルコンに組み込むと…コックピット部分がファルコンから飛び出してしまうのです。
コックピット内部用の撮影セットはちょっと長さが長いということですね。なのでディアゴなど模型の内部用ステッカーはハッチを含む赤色部分がカットされていたり、無理やり縮めてハッチが縦長になったりしているものもあります。
(一部の撮影セットでもこの部分がカットされているものがあるようです。)

PR

| | コメント (4) | トラックバック (0)

1/12ファルコンコックピット 後ろ壁と扉2

コックピット後ろの壁の裏側…通路側のディテールを描いていましたが…謎が解けました。

09

↑右側がコックピット側の壁のディテールです。これをそのまま外周に合わせた大きさの円柱にセットすると「足がはみ出したり、ドアが開かなくなります」
実はそうではなくて基本は一回り大きい通路側(写真左側)の外周に合わせた円柱にセットするということなんです。そうするとドアが開くようになり、 足元にも若干スペースが広がるというわけです。
つまりコックピット内殻は船体外殻に対して上方にオフセットされているということなんですねcoldsweats01 

11

↑こんな感じです。(実際の撮影セットは内殻だけのコックピットだからドアが閉まらなかったり足がはみ出したりしても関係ないわけですね) 逆にコックピット下にはそこそこのスペースがあるという設定になりますね。

10

↑ざっくりパーツ化してA4サイズに配置すると…この時点で6ページ分かな。かなり大きいです。

PR

| | コメント (9) | トラックバック (0)

1/12ファルコンコックピット 後ろ壁と扉

07

↑コックピットの後の壁(+扉部分)を描きました。
ネットに転がっている資料(写真図面等)を元に描いていってます。資料は画像検索で探し回るのですが…大きく分けて①模型(ディヤゴなど)②オフィシャルの書物やCG③撮影用セットがあります。それぞれクセがあるので注意しないとです。

①の模型…フィクションのものは特に組み立てを可能にするためのアレンジが加えられていることが多い。例えばディアゴファルコンコックピットは円筒に収めるために床の構造や縮尺が変えられている感じ。
②オフィシャルの書物やCGはかなり参考になりますが組み立てや構造を見ていくと誤魔化しがあったりします。
③撮影用セットは映画のシーンと同じものが再現できますがところどころに無理や?の部分が出てきます。加えてスターウォーズではエピソードによってセットが違うので細かい部分にそれぞれ違いがあったりします。

まぁそれらをいちいち発見して形になるように解釈していくのは意外と楽しいものなのですが・・・

08


↑例えばドア…撮影セットのスケールから割り出した寸法で描くと…扉が全開まで開かない…開こうとすると機体 の外に一部が飛び出してしまうようですcoldsweats01どうりで扉のしまっているシーンが少ないわけですね。(Ⅶでは開いているシーンでちゃんと扉の端が少しはみ出してます)
実際のペーパークラフトでは壁自体を取り外し可能にしてそこへ別パーツで扉を抜き差しできるようにしたいと思います<.br/>それと…ちょっとしたこだわりで…印刷するとつぶれて見えないのだけど…各所に記載される「文字」はローマ字ではなく銀河標準の「Aurebesh」で記載してます。

PR

| | コメント (8) | トラックバック (0)

1/12ファルコンコックピット 開始

某島崎さんからのリクエストで1/12のビックスケールでファルコン号のコックピットを開始します。

04

「1/12にすると6インチサイズのアクションフィギュア用のお手軽撮影セットができるのではないか」との氏のナイスアイデアです。なのでファルコン号を作るというよりも撮影用セットを作る感じでしょうか。で、撮影セットもリサーチしました。

05

左が旧作のセット、中央と右が今回の最新作のセットです。最新作は日の光のもと飛び回るのでかなり動きのできる遊園の乗り物のようなセットになっています。ここで注目したのは左写真や中央写真の赤枠の部分です。3D化をしているときにも気づいたのですが…実際にコックピットの操縦席に座ると足が機体から突き出してしまうということcoldsweats01。足元のスペースがかなりキツキツなんですね。

06


↑何はともあれ概略、スケール感がつかめたのでいよいよパーツ化と描き込み開始します。

03

↑直径が21㎝、かなり大きくなります。調子をこいてファルコン号全体をつくるなどと言ったら6条の部屋いっぱいになりそう…コックピットだけで良かったcoldsweats01


02

↑もしかすると同時進行もアリ??

| | コメント (17) | トラックバック (0)

«次回作スケッチ