=トピックス・お知らせ=

オリオン完成で「2001年宇宙の旅」コンプリートかな。しばらくの間型紙再公開します。

012345

中学生の頃初めて「2001年」を見ました。実際の2001年、2010年とすぎ去り、映画のシーンは現実にはなりませんでしたが…まさか2014年にペーパークラフトで2001年の世界をコンプリートすることになるとは思いもしませんでした。お世話になっているブログ常連の方、zealotフォーラムのみなさんに感謝します。ありがとうございます。 uhu02

| | コメント (0)

ATST(ESB版)組立(15)頬

ATST(ESB版)組立は両頬(?)のメカですが…その前に…組立が進んできて頭部が重くなるにつれて脚部がへたってきました。なので股関節を糊付けして固定してしまいます。

386 387 388

↑型紙の図面の角度に合わせて糊付けしました。これで安心。
=========================
で、早速左頬から作っていきます。

389

↑パーツは180~191です。

390

↑180は上2枚が穴あき、下2枚が穴なしというちょっと変則的な形ですが糊付けに注意して組み立てます。

391

↑貼り合せ→切り抜き→丸め等が終わった状態です。

392

↑181aの外側に181bを貼り付けてリング状にしたものを180に貼り付けます。その切り口に182を貼り付けます。

393

↑183aの帯状の部分を183bでつなぎ合わせ形を整えつつ180にとりつけます。更に上部の形に合わせて帯部分の形を整えて閉じます。

394

↑筒状にした184aの先端に184bを取付けます。

395

↑筒状にした185aの先端に185bを取付け、後部に185cと186dを順に巻き付けるように貼り付けます。

396

↑筒状にした186aの先端に186bを取付けます。

397

↑184に赤い■を目安にして185を取付けます。同様に水色の■を目安に186を取付けます。

398

↑こんなかんじになります。

399

↑筒状にした187aの後ろ側にに187bを四角く折って取付けます。184に黄色い■を目安にして取付けます。

400

↑こんな感じです。

401

↑筒状にした188aの後ろ側にに188bを四角く折って取付けます。184に紺色の■を目安にして取付けます。

402

↑筒状にした189aの後ろ側にに189bを四角く折って取付けます。184に緑の■を目安にして取付けます。

403

↑取付けた189と186の間を繋ぐように189cを貼ります。

404

↑丸めた190を183に差し込んで貼り付けます。この時180に記した△マークと一致するようにすると良いと思います。

405

↑190の先端に機銃?を取付けます。

406

↑191bを写真の位置に貼り付け、そこへ191aを取付けます。左頬が完成しました。

407

↑こんな感じです。

408

↑頭部左の土台部分に取り付けます。

409

↑こんな感じです。頭部左側が完成しました。
==============================
続いて右側です。

410

↑パーツは192~202と181aとbです。

410x

↑貼り合せ→切り抜き→丸め等が終わった状態です。

411

↑192aに左頬同様にリング状にした181a+181bを取付けます。192bをリングの中に貼り付けます。その後リングの縁に193を貼り付けます。

412

↑194←195←196と貼り合せ、最後に。192bに貼り付けます。

413

↑筒状にした197の前側に198を巻き付けるように貼り付けます。先端に200+201を取付けます。後端には202を取付けて四角く折った198を中央部に巻き付けるように貼り付けます。

414

↑198の印の部分を196に合わせて貼り付けたら頭部右側の土台部分に接着します。

415

↑右頬が完成しました。

416

↑組立も終わりに近づいてきたので後回しにしていた窓の蓋を取付けます。切り口に糊を着けて頭部の窓の上枠部分に貼り付けます。

417

↑こんな感じで頭部が出来ました。

418 419

↑完成と言われてもわからない位になってきましたが…完成はまだです。次回は「配管」を行います。ということで今回はこれまで


| | コメント (1)

ATST(ESB版)組立(14)頭その4

口?の部分の機銃?を作っていきます。細かいパーツの組み合わせになるので大変ですが完成まであともう少しなので頑張りましょう。

349

↑パーツは163~179です。

350

↑左側の重ね合わせるパーツを折り曲げて貼り合せたら切り抜きです。

351

↑切り抜きからタッチアップが終わった状態です。

352

↑163に目隠しの163aを巻き付けるようにして貼り付けました。

353

↑164(l)と164(r)を貼り付けます。

354

↑165a(l)と165a(r)を筒状に丸めてそれぞれ先端に165b、後部に165cを写真のように取付けます。

355

↑165a(l)と165a(r)を163取付けます。163と164の段差の部分に取り付けます。

356

↑164(l)の上に166(l)貼り付けます。反対側も164(r)の上に166(r)を貼り付けます。

357

↑筒状にした167の後端に169を貼り付けます。左右用に2つ作ります。

358

↑166の上に167を取付けます。反対側も同様に取付け、前部分を繋ぐような形に168を貼り付けます。

359

↑こんな感じになります。

360

↑170cの下側の縁にに170bを取付けます。前側の縁に170aを取付けたら、下側に170dを取付けて本体に貼り付けます。

361

↑前側はこんな感じになります。

362

↑反対側も同様に171a~171cで作ります。171bの後ろ側は写真のように折り曲げて貼り付けます。

363

↑本体側に貼り付けます。

364

↑こんな感じです。

365

↑172→173→174と貼っていきます。反対側も同様に作ります。

366

↑こんな感じになります。

367

↑175を筒状に作り、前側に176、後ろ側に169を取付けて本体に取り付けます。

368

↑こんな感じになります。
==================================
次に台座部分を作ります。

369

↑あらためて…パーツは176~179です。

369x

↑177を支持架の部分を合わせるようにして基部分が箱型になるように組み立てます。

370

↑178も同様に組み立てます。179も中央部を四角く組み立てます。

371

↑179の両脇に177と178を写真のように取付けます。

372

↑こんな感じになります。

373

↑176に貼り付けます。176ののりしろを裏からこするようにして圧着しました。

374

↑こんな感じになります。

375

↑支持架の先端に機銃?を取付けます。

376

↑こんな感じで機銃周りが出来ました。
=================================
頭部下回りを完成させていきます。

377

↑以前作ったジョイント部が必要になります。

378

↑176の裏面に糊を着けて頭部の底面に貼り付けます。

379

↑こんな感じです。

380

↑ジョイント部分を写真のように取付けます。

381

↑こんな感じ。

382

↑尻(胴体?)部分に載せてみます。

383

↑ついでに脚もセットしてみます。

384 385

↑完成まであと一息ですね。ということで今日はここまで。

PR


| | コメント (6)

ATST(ESB版)組立(13)頭その3

ATST(ESB版)組立はコックピットから後部に進んでいきます。まずはコックピットからです。

322

パーツは149~151です。

323

↑150aの左右に150bと150cを取付けます。150eはかなり小さいですが上部の三角から下を半分に折って写真の位置に貼り付けます。最後に150dに取り付けます。

324

↑149aの写真の位置に取り付けます。

325

↑151を写真のように組み立ててシートを作ります。149aの写真の位置に取り付けます。コックピット後ろ壁149bも149aの後部に取り付けます。

326

↑149aの左右の壁→天井を閉じます。後ろ壁は後から開いて見れるように閉じないでおきます。

327

↑こんな感じになります。

328

↑本体の中にコックピットを差し込むのですが…外殻とコックピットの窓枠がなるべく一致するように床の部分の前側の角を多少つぶしたりして調整します。

329

↑コックピットを押し込んだら後部を起こして閉じます。コックピット、壁ともに糊付けはしていません。

330 331

↑ハッチや窓からはほとんど見えないです。coldsweats01
============================
次に頭部の後ろの組み立てです。

332x

↑パーツは152~162です。

333

↑折り曲げ→貼り合せを行います。以前切り出した154と158bも使います。

334x 334

↑152aに箱状にした152cをはりつけます。152aの裏面台形の部分は厚紙(152c)で補強すると良いと思います。

335

↑154を下部両側、153aを左右の上、153bをその下側に取り付けます。

336

↑155を上部写真の位置に貼り付けます。

337

↑156を写真のように組み立てます。

338

↑裏側に糊をつけて写真位置に貼り付けます。

339

↑157(l)にリング状にした158aを取付けて、その周りに159を貼り付けます。

340

↑160(l)を写真のように箱状に組み立てます。

341

↑160(l)を157(l)と貼り合せます。

342

↑中央に158bを貼り付けます。

343

↑右側も同様に作り152bに取り付けます。

345

↑頭部の後ろに差し込むようにして取付けます。後でコックピットをのぞけるように接着はしていません。

346

↑こんな感じです。接着しないので胴部との間に隙間ができないように調整します(頭部側のヘリをすぼめる等)。

347

↑162(l)と162(r)を下部左右の136の曲げた部分に貼り付けます。

348

↑以上でコックピットと後部が出来上がりました…ということで、今日はここまで

PR

| | コメント (4)

ATST(ESB版)組立(12)頭その2

先回作った頭部の土台(基本形)にディテールを追加していきます。

282

↑パーツは135~139。後で使うパーツ154と158bも同じ型紙上にあるので切り抜いていきます。なんだか「日の丸」っぽくていいですね。

283

↑折り曲げ~切り抜いたところです。
===============================
…と、ここで小技の解説です。「二枚重ね(裏表貼り合せで折り曲げ部分があるもの)」は①貼り合せ→切り取り→折り曲げという風にやってしまうと折り曲げ部分がシャープに決まらないなどの問題が出てきます。こういう時の対処に「立体裁断」みたいに折り曲げてから貼り合せてズレの部分をカットしてしまう方法です。

284

↑例えば今回の138のパーツ…表側はある程度のRをつけつつも、内側はしっかりと折り曲げたい部分ですが…ちょっと面倒ですがあらかじめ折り曲げ部分を折り曲げてしまいます(そのために必要な部分の型紙の余白をトリミングします)。

285

↑折り曲げ部分以外の面を貼り合せます。

286

↑折り曲げ部分を折り曲げた状態で貼り合せて形を整えます。当然内側の紙が外側の紙よりはみ出していますね。

287

↑曲げた部分は外側はある程度のRを持ちつつ内側の折目はシャープに決まっています。糊が乾いたらはみ出した部分と余白の部分をカットしていきます。

288

↑こんな感じ。

289

↑単純に切ってから曲げるとしわになったり、広がってしまったり、シャープに出来ないのですが、ひと手間かけるときれいに仕上がりますね。
=================================-
では組立を進めます。

290

↑139aは重ね合わせて貼り合せ切り抜きますが頭部の上面のカーブに合わせて糊が乾かないうちに全体を曲げておきます。

291

↑貼り合せが終わった状態…一部のパーツ(136とか)が切り抜き前に折り曲げされているのが分かると思います。

292

↑136の立体裁断。

293

↑切り抜きが終わり…タッチアップしました。

294

↑左側136(l)に135を取付けて写真の位置に貼り付けます。右側も同様に136(r)を取付けます。

295

↑左右写真の位置に137を取付けます。

296

↑左側に138(l)を取付けます。138(l)の上下の折り曲げた部分の先端内側と137に糊を着けて貼り付けます。

298

↑こんな感じになります。

299

↑上面に139aを貼り付けます。

300

↑さらに139aの上に139b・139cを貼り付けます。

301

↑こんな感じになります。
=========================
更に上部の小物を作っていきます。

302

↑パーツは140~148です。

303

↑折り曲げて貼り合せたり、カーブをつけたりしてます。

304

↑切り出しました。140cは作業しやすいように台紙に一部ついたままです。

305

↑140cを切り取りタッチアップしつつ140aに貼り付けていきます。最後に140aの前面の部分を箱型になるように貼り付けます。

306

↑140aの後ろの断面に糊を着けて140bを取付けます。

307

↑こんな感じになります。

308

↑上面後ろ半分に取り付けます。140の前後の切り口と頭部側の左右のと後ろ側の角に糊を着けて貼りました。

309

↑こんな感じになります。

308x

↑ハッチの枠の部分は141を内側が印刷面になるようにリング状にしたところへ122aと122bを上の縁に合わせて巻き付けて貼り付けます。141と142bのつなぎ目はなるべく後ろ側でそろえるようにしています。

310

↑差し込むだけにて糊付けは行いません。

311

↑こんな感じになります。

312

↑143aに144と145のaからcを順番に貼り付けます。

313

↑143aの裏側に143bをコの字型にしたものを取付けます。148でハッチのヒンジを作ります。細かいので省略しても良いかもです。

314

↑148のヒンジでハッチの枠とハッチを繋ぎ合わせます。

315

↑上手く作るとこんな風に開閉します。

316

↑手すりです。146の四隅に147のa~dを取付けた後に更に147の支柱部分の裏にのりをつけて二つ折りにします。

317

↑こんなかんじになります。

318

↑写真の位置に取り付けます。

319 320

↑こんな感じです。

321

↑頭部のハッチ周りが出来たということで…今日はここまでにします。

PR

| | コメント (0)

«ATST(ESB版)組立(11)頭その1