=トピックス・お知らせ=

Pilgrim 7000出来ました。

次は映画「プロメテウス」からJuggernaut行きます。

PR

| | コメント (0)

轟天号 型紙の制作(17)描き込み 電池室?

食堂部分の下の階です。ここも設定画にはなにも描いてありません。
底部の噴射にもちいられる燃料のタンクと床下のバッテリーの一部を描き込み、更に前部三分の一を制御室という設定にして描いています。

112

↑こんな感じ。

PR

| | コメント (1) | トラックバック (0)

轟天号 型紙の制作(16)描き込み 

サブロック室&士官室の後の部分です。小松崎氏の設定画では何も描かれていない部分なので「創作」となります。

110

上層部分には「海図室」と「倉庫」っぽい感じのディテール。中層部分は「調理室」と「食堂」っぽくしました。

111

海図室と食堂は木目調にしました。食堂の「椅子」が大変そうです。

PR

| | コメント (0) | トラックバック (0)

轟天号 型紙の制作(15)描き込み サブロック庫

先回のサブロック室の下の部分「サブロック庫」です。

107 108

ロケット弾を描いています。

109

↑ここまでにパーツ化したのは赤枠の部分とドリル部分です。まだまた時間がかかりそうです。

PR

| | コメント (0) | トラックバック (0)

轟天号 型紙の制作(14)描き込み サブロック室

士官室(艦長室)の下はサブロック発射室です。サブロックって何かというと「サブマリン ロケット」ってことなんですね。

106

↑設定画には「弾道の様子」や「船体の左右3つの発射口」が描かれていますが…もちろん映画には登場しません。…なのでここは自由に(それらしく)作り込みます。最初はがっちりしたものをデザインしたのですが宇宙船みたいになったので、ちょっと弱そうな感じにしました。

104

↑細かいパーツが多いです。後部には発射管制官用の机と椅子を配置します。

105

↑合わせて部屋の前後の壁も描き込み。計器のパネルを着けてみました。

PR

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«轟天号 型紙の制作(13)描き込み 指令発令所の後