=トピックス・お知らせ=

次回作より 型紙の公開はコメントをくれる常連さん重視でいきます。 メルアドの入力があると助かります。

| | コメント (0)

Dewey,Huey&Louieの組み立て(3)

映画「サイレントランニング」の"Dewey"「デューイ」、 "Huey"「ヒューイ」と"Louie"「ルーイ」のペーパークラフト組み立てです。
顔から足部分を作っていきます。以前作った"Dewey"「デューイ」の組み立てと「ほぼ」同じなのでそちら(→ここ)も参考にしてもらえばと思います。

74

↑顔の右半分の部分はパーツ80、81です。縦の部分を折り曲げてから細いスリット部分をくり抜き、そこをピンセットで折り曲げていきます。

75

↑最後にタッチアップと切り抜きをして出来上がり。

76

↑こんな感じです。三体分作ります。
次にライト下部分です。

77

↑パーツは82~86です。83aに83bを重ねて貼り付けます。85の裏に84を貼り付けます。

78

↑それぞれ切り抜いてタッチアップ、83a+83bの裏に82を重ねて貼り付けます。それを85+84の裏から貼り付けます。86を貼り付けて出来上がり。

79

↑こんな感じです。

80

↑三体分作ります。
次にライト部分です。

81

↑パーツは87から89です。88は凹んだ皿の形に組み立てるのですが、今回もシルバーのラベル用紙とOHPシート(透明シート)を使用して作ります。

82

↑87を88に巻き付けるようにして取り付けます。最後に89(好みで89'または透明シートに)を貼り付けて出来上がりです。

83

↑三体分作ります。

84

↑本体に取り付けていきます。

85

↑三体分作ります。
次に足部分です。

86 87

↑右足先パーツは90~95です。90は箱状にしますが前つま先部分は可動になるので取り付け部分を写真のようにくり抜いてのりしろ部分を丸めておきます。左右の爪92、93は箱状に組み立てます。ちょっと短い後の爪94も箱状に組み立てます。前の爪部分91は後部分をくるりと丸めてつま先部分で貼り合わせておき、充分乾いたら左右を閉じるように貼り付けて箱状に組み立てます。95はリング状にします。

88 89

↑前の爪部分91の組み立てと90への取り付けはこんな感じです。

90

↑95を取り付けたら90を閉じて左右と後ろの爪を取り付けます。これで足先が出来上がり。

91

↑3体分作ります。更に左足先も同様にパーツ101~106で作ります。
次にふくらはぎ(?)部分です。

92

↑右ふくらはぎパーツは96~99です。96は中央をくり抜き浅い箱状にします。97はクルクルと巻きあげてピンの形にします。98は八角柱にします。99は折り曲げた後に丸い穴をくり抜いて最後に全体を切り抜きました。

93_2

↑97を96に差し込み先端に糊を着けて足先(90~95)に取り付けます。そのあとで96に98を取り付けます。正面になる方を三角で示したので揃えるようにします。

94 95

↑99はT字型になった側を98に取り付けて。倒すようにしてリングの部分、反対側の部分を貼り付けます。

96_2

↑同様に反対側の足をパーツ107~110で作ります。これを3体分作ります。ルーイのふくらはぎは緑がかった灰色です。
次に足の関節を作ります。

97

↑パーツは110~114です。以前作った時の手順だとかなり組み立てにくいので新たな手順となります。

98

↑パーツは113(112)は横部分を円柱状に貼り合わせてから根元の部分を90度ひねるようにして貼り合わせ最後に根元部分を円柱の部分に接合する感じです。同様に112も組み立てます。

99

↑パーツ115を円柱に組み立てます。糊がしっりと乾いたらパーツ112の根元の部分に115をねじ込みます。さらに115の前側に113の根元部分をねじ込みます。(可動部分なので糊付けしないで!!)(きつめに作ってあるこの部分を先回の手順とは異なり先に組み立ててしまうわけです。)

100

↑114aに先ほどの関節パーツをセットして箱状に組み立てます。

101

↑補強のパーツ114bをかぶせるようにして貼り付けます。裏面は糊を着けてギュッとひっはって115を通して貼り付けます。

102

↑110と111も穴をあけて円柱状に組み立てます。以上で足関節が出来ました。

103

↑3体分作ります。 "Huey"「ヒューイ」用の110と111は長くなっているので注意してください。
次に足の関節を収めるボディ下部分を作ります。

104

↑パーツは116~126とボール紙(厚紙)から切り出したB1と同じくバランス用のB2です。

105

↑B1とB2の寸法です。ボール紙(厚紙)をこの大きさで切り出します。一応PDFファイルも作りました→ここ

106

↑118と119を枠状に組み立てます。117にB1を貼り付けます。126を箱状に組み立てます。

107

↑117+B1に119を貼り付けます。

108

↑118を貼り付けます。

109

↑124と125は各コードの先端を除いて裏表貼り合わせにして切り出します。以上でパーツがそろいました。ここから足の関節をボディに納めます。

110

↑ボディ内側の前側に126、後ろ側にB1を貼り付けます。

111

↑関節のパーツをボディに差し込みます。関節を下げると簡単に入ります。

112

↑こんな感じです。


113

↑ボディ底の部分を取り付けます。まず左右の足関節を上に上げて底の基部を出します。そこに116を取り付けます。そのまま116をボディ下部に貼り付けます。


114

↑111と110を関節部分に押し込みます。(可動部分なので糊付けしないで!!)


115

↑ボディ底と左右のボディパーツを取り付けます。


116

↑左右のボディパーツを取り付ける際にボディ裏側のパネルを取り外すと内側から圧着できます。


117

↑ボディ底部の前後4ケ所に120~123を取り付けます。


118

↑裏側ですが…こんな感じになります。以上でボディに足の可動パーの組み込みとボディ下部、並びにボディ左右の取り付けができました。


119
120

↑"Huey"「ヒューイ」も同様に組み立てますが"Huey"「ヒューイ」だけボディ底の部分119が他と異なります。↑写真を参考に箱状に組み立ててください。


121

↑"Louie"「ルーイ」も同様に組み立てます。次に足の先端からふくらはぎの部分とコードを取り付けます。


122_2

↑ふくらはぎ内側に糊を着けて差し込むようにして貼り付けます。左右間違えないように。反対側の足も同様に作ります。3体同様に作ります。


123

↑最後に124と125のコードを取り付けます。同じ木工用ボンドでも「速乾タイプ」」を使い素早く固定、ある程度固まったらさらにボンドを盛り付けて強化しました。他の二体も同様に作ります。以上で関節を含めた足部が出来上がりです。


124


125


126

↑こんなかんじ。3体同時に作ることでしか見えてこない景色も良いですよね。以上、今回はここまで。

PR

| | コメント (29) | トラックバック (0)

Dewey,Huey&Louieの組み立て(2)

映画「サイレントランニング」の"Dewey"「デューイ」、 "Huey"「ヒューイ」と"Louie"「ルーイ」のペーパークラフト組み立てです。
先回に続いてボディ左右部分を作っていきます。以前作った"Dewey"「デューイ」の組み立てと同じなのでそちら(→ここから)も参考にしてもらえばと思います。

47

↑まずはベースとなる部分。パーツは左肩側が26~32、右肩側が49~55です。パーツ番号は3体とも共通です。

48

↑26と29(49と52)はのりしろ部分を折り曲げて中央部分をくり抜きます。27と28(50と51)は貼り合わせます。30・31・32(53・54・55)も貼り合わせます。

49

↑27+28に26と29を貼り付けてさらに30+31+32に貼り付けます。反対側も同様に作ります。

50

↑3体分作ります。
次にボディ左右の組み立てです。三体とも基本は同じパーツ33~48と56~79なのですが、それぞれ少しずつパネル位置などが異なるためパーツ番号が異なります。

51

↑"Dewey"「デューイ」(青)のパーツ33~48と56~79。


52

↑ "Huey"「ヒューイ」(赤)のパーツ33~48と56~79。


53

↑ "Louie"「ルーイ」(緑)のパーツ33~48と56~79。
まずは"Dewey"「デューイ」(青)の左肩側から作っていきます。

54

↑ 33aに33bと34を後付けのりしろとして取り付けます。35・36・37・39を貼り付けます。


55

↑ 37の内側に38を貼り付けます。裏側から箱状にした40と41を貼り付けます。
次に右肩側


56

↑ 56aに56bと57を後付けのりしろとして取り付けます。58・59・66を貼り付けます。64はわかりづらいですが箱と蓋のような感じに組み上げます。


57

↑ 62に63を貼り付けたものと60を貼り付けます。64箱の部分の縁の所だけをボディ裏側から貼り付けて二の部分が可動するように取り付けます。

58

↑マニュピレーターのアタッチメント?です。とても小さいのですが68と70・72は蓋の着いた円筒に貼り合わせます。68には69を巻き付けて貼り付けます。70には71を巻き付けて貼り付けます。72の後ろ側に筒状にした73を差し込むようにして貼り付けます。


59

↑ 60の内側に61を貼り付けます。裏側から箱状にした64を貼り付けます。68+69・70+71・72+73を64に貼り付けます

60

↑"Dewey"「デューイ」(青)の左右の肩の準備ができた状態です。


61

↑"Huey"「ヒューイ」(赤)の左右の肩も同様に作っていきます。異なる部分のみ示しました。左肩は39と40を取り付けて裏側から箱状にした41をふたつ取り付けます。右肩はパネル58・59・62を取り付けます。63を取り付けて裏側から箱状にした64を取り付けます。66を取り付けて裏側から箱状にした65を取り付けます。65には68+69と70+71二組、72+73二組を取り付けます。


62

↑"Huey"「ヒューイ」(赤)の左右の肩の準備ができた状態です。

63

↑"Louie"「ルーイ」(緑)の左右の肩も同様に作っていきます。異なる部分のみ示しました。左肩は39と40を取り付けて裏側から箱状にした41を取り付けます。側面の穴の裏側から37bを取り付けます。右肩はパネル58・62+63を取り付けます。裏側から箱状にした59を取り付けます。側面の穴の裏側から60bを取り付けます。


64

↑"Louie"「ルーイ」(緑)の左右の肩の準備ができた状態です。
次に準備ができたパーツを組み立てていきます。再び"Dewey"「デューイ」(青)で解説します。

65

↑33aと56aを台形に組み立てます。


66

↑前に作った26~32に取り付けます。一気に貼り付けず上部を取り付けて固定したのちに内側からのりしろに糊を着けて固定してく感じにすると良いようです。


67

↑下側に42を取り付けます。

68

↑箱状に組み立てた47を取り付けます。ベース部分の積層の目隠しに43と44を巻き付けます。48は好みにより26の赤い三角で示した部分に貼り付けます。


69

↑45と46を取り付けて左側が出来ました。同様に67・74~78で右側も作ります。


70


71

↑こんな感じです。


72


73

↑3体分同様に作ります。今回はここまで。

PR

| | コメント (25) | トラックバック (0)

Dewey,Huey&Louieの組み立て(1)

映画「サイレントランニング」の"Dewey"「デューイ」、 "Huey"「ヒューイ」と"Louie"「ルーイ」のペーパークラフト組み立てを開始します。
基本的に以前作った"Dewey"「デューイ」の組み立てと同じなのでそちら(→ここから)も参考にしてもらえばと思います。

15

↑まずはパーツ1…ボディ基部です。写真は「切り出し」た状態ですが…細かく言うと①大まかにパーツを切り出す②折線を切れなくしたカッターと定規で入れる③細かい折り曲げ部分を折り曲げる(カーブの部分など必要なら裏に水を塗って曲げる)④くり抜く部分をくり抜く⑤余分な部分を切り取る「切り出す」⑥タッチアップをする(目立つ部分の紙の切り口と折り曲げの峰線部分、くり抜き部分、必要なら裏側)⑥折線を折り曲げる…が終わった状態です。

16

↑箱状に組み立てます。他の2体分も同様です。

17

↑次に顔の部分の骨組みです。パーツは2~7です。

18

↑上下左右を折り曲げた2に3を巻き付けるように貼り付けます。同様に4に5を6に7を取り付けます。

19

↑2+3と4+5と6+7を写真のように貼り合わせます。

20

↑顔の表側のパーツ8を切り出します。


21

↑顔の表側のパーツ9も切り出します。


22

↑3体分パーツがそろいました。


23

↑1に(2+3)+(4+5)+(6+7)を貼り付けます。


24

↑8と9貼り付けます。骨(2+3)+(4+5)+(6+7)に対して斜めに貼り付けて肉厚が出るようにする感じです。


25

↑こんな感じです。


26

↑3体分作ります。


27

↑別の角度から。

28

↑ボディ上部を作ります。パーツは10~12です。10aを10b~10eののりしろで組み立てて11と12を取り付けます。


29

↑3体分作ります。


30

↑本体にボディ上部を取り付けます。


31

↑3体分作ります。


32

↑ボディ上部の小物を作ります。13と14を写真のように組み立てていきます。


33

↑13の内側に14を取り付けて、それをボディ上部に取り付けます。

34

↑3体分作ります。


35

↑さらにボディ上部の小物15とプログラムの基板、パーツ16~19を作ります。16と17(18と19)は写真の円で示したようにスリット部分に二つ折りに貼り合わせた19(17)を差し込んで糊で固定し乾いてから16(18)を箱状に組み立てるときれいに仕上がりました。


36

↑こんな感じです。

37

↑本体に取り付けました。プログラムの基板は糊付けせず、差し込むだけにします。

38

↑3体分作ります。


39

↑こんな感じです。


40

↑ボディ前部小物です。パーツは20~22です円柱状に組み立てた20(22a)の内側にに21(22b)を丸めたものを取り付けます。


41

↑かなり細かいので内側につける部分21(22b)は省略しても良いと思います。


42

↑下側に20+21、上側に22a+22bを取り付けます。


43

↑後部分のパネルを作ります。パーツは23~25です。


44

↑24a(25a)の裏側、表から見て4つのリベット(ピン)のディテールのある側に24b(25b)を貼り付けてレールを作ります。

45_2


↑レール上側24a+24bを本体に取り付けたら23を差し込み、レール下側25a+25bを取り付けます。23がスライドするようになります。


46

↑こんな感じです。ということで今回はここまで。

PR


| | コメント (34) | トラックバック (0)

droneのリメイク(2)

映画「silent-running」からdrone#01Dewey「デューイ」のリメイク&02 “Huey”「ヒューイ」と03 “Louie”「ルーイ」の追加…進捗です。

07

↑一通り型紙が完成しました。01Dewey「デューイ」、02 “Huey”「ヒューイ」と03 “Louie”「ルーイ」それぞれA4で4枚づつです。それぞれの最終ページにはオプション(おまけ)パーツを配置してみました。
このオプション(おまけ)パーツについてちょっと解説します。まずはDewey「デューイ」(青)のおまけです。

08

↑トランプとスコップ、それにジョウロです。トランプについては先回作った時の記事を参照してみてください→ここ
今回ちょっと変わったのがジョウロです。

09

↑1950~1960年代のJ. Chein & Coのブリキのジョウロです。前回制作時に海外のオークションサイトで出品されているのを見つけ画像をキャプチャしました。実はその後も6日年間(!)「J. Chein & Coのブリキのジョウロ」をオークションサイトでチェックしていました。今年に入り2つ出物がありました。(一つはかなりきれいなものでしたがハンドル部分と先端部分の色違い。もう一つの映画と同じ仕様のものはちょっと色褪せていました)。入札したのですが負けちゃいました。(落札時間が日本時間だと仕事中なので…でも落札額は3~4千円くらいとバカに高くはない?)。で、それらの画像から前回の画像につぎはぎで追加しています。

10

↑ちなみに映画では使用されなかったデザイン違いの「J. Chein & Coのブリキのジョウロ」も用意されていたようで…こちらの方はオークションサイトでもよく見かけるタイプです。
続いて02 “Huey”「ヒューイ」(赤)のおまけパーツ。

11

苗木とトランプとマニュピレーターの爪の形状違いです。
最後に03 “Louie”「ルーイ」(緑)です。

12

↑簡略版マニュピレーターです。…「可動タイプのマニュピレーターは工作が大変なので簡略版を…」と思うでしょ?…でも実は…

13_2

↑実際の映画でもシーンによって簡略版を使っているんですね。確かに稼働するマニュピレーターだとかなり重々しいイメージ。全体のシルエットもだいぶ違ってきます。

14

↑ということで簡略版もオプションでパーツかしてみました。一体分しかないので3体すべて簡略版にするにはコピーしなきゃですが…coldsweats01

PR

| | コメント (43) | トラックバック (0)

«droneのリメイク(1)