=トピックス・お知らせ=

次回作より 型紙の公開はコメントをくれる常連さん重視でいきます。 メルアドの入力があると助かります。

| | コメント (0)

droneのリメイク(2)

映画「silent-running」からdrone#01Dewey「デューイ」のリメイク&02 “Huey”「ヒューイ」と03 “Louie”「ルーイ」の追加…進捗です。

07

↑一通り型紙が完成しました。01Dewey「デューイ」、02 “Huey”「ヒューイ」と03 “Louie”「ルーイ」それぞれA4で4枚づつです。それぞれの最終ページにはオプション(おまけ)パーツを配置してみました。
このオプション(おまけ)パーツについてちょっと解説します。まずはDewey「デューイ」(青)のおまけです。

08

↑トランプとスコップ、それにジョウロです。トランプについては先回作った時の記事を参照してみてください→ここ
今回ちょっと変わったのがジョウロです。

09

↑1950~1960年代のJ. Chein & Coのブリキのジョウロです。前回制作時に海外のオークションサイトで出品されているのを見つけ画像をキャプチャしました。実はその後も6日年間(!)「J. Chein & Coのブリキのジョウロ」をオークションサイトでチェックしていました。今年に入り2つ出物がありました。(一つはかなりきれいなものでしたがハンドル部分と先端部分の色違い。もう一つの映画と同じ仕様のものはちょっと色褪せていました)。入札したのですが負けちゃいました。(落札時間が日本時間だと仕事中なので…でも落札額は3~4千円くらいとバカに高くはない?)。で、それらの画像から前回の画像につぎはぎで追加しています。

10

↑ちなみに映画では使用されなかったデザイン違いの「J. Chein & Coのブリキのジョウロ」も用意されていたようで…こちらの方はオークションサイトでもよく見かけるタイプです。
続いて02 “Huey”「ヒューイ」(赤)のおまけパーツ。

11

苗木とトランプとマニュピレーターの爪の形状違いです。
最後に03 “Louie”「ルーイ」(緑)です。

12

↑簡略版マニュピレーターです。…「可動タイプのマニュピレーターは工作が大変なので簡略版を…」と思うでしょ?…でも実は…

13_2

↑実際の映画でもシーンによって簡略版を使っているんですね。確かに稼働するマニュピレーターだとかなり重々しいイメージ。全体のシルエットもだいぶ違ってきます。

14

↑ということで簡略版もオプションでパーツかしてみました。一体分しかないので3体すべて簡略版にするにはコピーしなきゃですが…coldsweats01

PR

| | コメント (30) | トラックバック (0)

droneのリメイク(1)

映画「silent-running」からdrone#01Dewey「デューイ」のリメイク&02 “Huey”「ヒューイ」と03 “Louie”「ルーイ」の追加についてのその後…

04

↑ボディ部分の描きこみが終了。三体を描くにあたってデューイ(青)を基本に色だけ変えれば…と思っていたら大間違い、結構パネルの位置などが違っているので手こずりました。
そんな中でちょっと発見したのが…

05

02 “Huey”「ヒューイ」(赤)は主人公の車に惹かれ壊れ、修理の後に最後は主人公とともに宇宙に散るという役柄なのですが…↑普段の時(左)と船外での作業時のシーン(右)とではマニュピュレーターのアタッチメントの収納の所がちょっと違っています。さらに…

03

↑これが事故の修理後となると…無かったパネルが付いたり、逆にパネルが無くなったり…特にライト下のコードの配線部分。全然違いますね。
こんな感じでよくよく注意してみてみると結構惑わされる部分が多いです。デューイ(青)の船外時のパネルが変わっていたり等。

06

↑型紙では細かくてわかりにくいですが各ドローンのライト下の配線部分(修理の時に主人公がいじっていた部分なので制御装置の基盤の収納・アクセス部分かな)をそれぞれ映画のキャプチャ画像をもとにできるだけ正確に描いてみました。
特に03 “Louie”「ルーイ」(緑というか…個人的な好みで緑ががったチェレステ色にしました)は途中で事故で片足を残して宇宙嵐に吹き飛ばされるという役柄のせいもあり、ほとんど映画では細部の確認はできません。謎の多い末っ子03 “Louie”「ルーイ」ですねcoldsweats01

PR

| | コメント (17) | トラックバック (0)

暑い日が続きます

次回作はどうしようかなぁ…なんて考えている時が一番良い時だとは思いますが。考えてばかりでは先に進めないので手を動かさなきゃですね。
候補としては①タイタニック号(→ネットに充分な資料がありこだわった一メートル越えのものも視野に入るけど…時間がかかるのと日本の住宅事情による制約大)、②エイリアンからジャガーノート(→描きこみの途中で止まっているのを再開しないと…)、③ハーレークィンの銃(→久しぶりに銃もいいかも…)、④ノーチラス号(クリアーのドーム状パーツがネック)、その他(あれこれリクエストもらっているもの…シービュー号・ジェットビートルなど・または実用品…暑さ対策の「ジャバ・ザ・ハット」のハット(帽子)等)
…考えている時が一番楽しいという意味が分かるでしょhappy01

PR

それぞれ資料を集めながら検討していきます。ということで決定までちょっと時間がかかりそうなので…

01

↑過去の作品のリメイクを同時進行的に少し進めていきます。写真の左が以前の型紙…最近の手法で絵書き直したものが左…

20180729

おりしも多少画質の良いブルーレイ版も出てディテールの確認追加修正もできるようになったし…写真左がDVDで右がBRの画質。…多少良くなった。

02

↑ついでに…前回作らなかった2体の兄弟も同時進行…。というのはどうかなと?


| | コメント (29) | トラックバック (0)

藍青さんから10年…紺青さんに会いに行く

新潟市で行われている開港150年「海フェス」の一環で寄港した“海の貴婦人”「海王丸Ⅱ」を見てきました。

Dsc_0101 Dsc_0131

↑かっこいいです。

Dsc_0116


Dsc_0122


Dsc_0124

↑ロープ、マスト、ビレイピン…良いですねhappy01


さて…このブログの10年前…(もう10年も続いているんですねcoldsweats01)の記事で姉妹船である“太平洋の白鳥” 「日本丸Ⅱ」の寄港について記事にしたことがありました。


Bp34b

Bp34c

↑2008年5月の日本丸Ⅱ…(娘がまだ小学生)。貴重な総帆展帆が見られました。当時は「ブラックパール」を製作中でした。当時の記事→http://uhu02.way-nifty.com/blogpapercraft_ver2/2008/05/post_57d9.html

Bp34

↑当時の記事の中で日本丸の船首のフィギュアヘッドについてもコメントしてましたね。(身投げ…なんていってごめんなさい)。「藍青(らんじょう)」さんです。しとやかに航海の安全を願い合掌してます。

Dsc_0129

↑そして今回合うことができた妹(?)の「紺青(こんじょう)」さん。こちらはちょっとあどけない表情で「嵐を鎮める笛」を吹いています。
「10年前にここでお姉さんに会ったよ」と声をかけたくなりましたhappy01

Dsc_0137


Dsc_0151

藍青さんと紺青さん、次に会えるのはどちらかな?happy01

PR


| | コメント (15) | トラックバック (0)

«#052 Rey's Speeder 完成