=トピックス・お知らせ=

【お詫び】ドローン型紙のリンクをメール送信した際に宛名をBCCで送るべきところCC送信してしまいました。ごめんなさい。「グーグル連絡先」から「一斉送信」の手順に不慣れでした。次回はちゃんと一人づつ丁寧に送信したいと思います。coldsweats01

| | コメント (0)

ハーレークインの銃

映画「Suicide Squad」からハーレークインの銃です。スケッチが終わって少しずつですがイラストレータにてパーツを描き始めました。

05

さすが島崎さん…ご指摘の通り以前から「この時期はハロウィンにあったものが作ってみたいな」と思っていたのでした。なかなかのスローペースなのでハロウィンに間に合うかどうか疑問ですがcoldsweats01
リボルバーのシリンダースイングアームの再現は以前ブレードランナーの銃でやっているので簡単かと思われましたが、先回述べた通りモデルとなった銃「Chiappa_Rhino」がアンダーバレルというちょっと変わった銃なのでやや難航「あれっ?ここは凹むんだっけ?この面がここだからここはこうで…」と四苦八苦でした。
それでも何とかトリガーまで描いて約半分くらいまでできたかなという感じです。

06

随分寒くなってきた今日この頃です。

PR

| | コメント (20) | トラックバック (0)

次回作スケッチ

いよいよ10月になりました。秋も深まってくる良い時季なのですが、またまた大型の台風が近づいていて各地での被害が心配ですね。
さて次回作ですが…

02_3

↑スケッチを開始しました。ハーレークインの銃です。ネットから資料を集めてそれを元に完成実寸でアタリ線を描いていきます。(イラストレータ)。ついでに今回の要である「ケースとバレル、グリップ部分の装飾」を描いてみました。

01

↑アタリ線をもとに今度は3Dスケッチ。銃は幾度か作っているので簡単…と思いきや…
そんなに甘くはなかった…

03

↑上部に大きくあいた四つの穴が特徴的な銃ですが…実はちゃんと実際にある銃なんですね。イタリアのチアッパChiappa社の Rhino(ライノ=サイ…横づらがサイに似ているから)の60DSです。.357マグナム弾を使用するリボルバータイプの銃ですね。ユーチューブで「Chiappa Rhino 60DS」とか検索すると迫力のある(心臓に良くない?)動画もアップされてます。…これって銃身がシリンダーの12時部分ではなくて6時の部分着くという構造のいわゆる「アンダーバレル」というちょっと変わった銃なんですね。

04

↑当然シリンダー部分を開ける「スイングアームの形状は銃身をまたぐ形状」となります。とりあえずなんとか再現はできそうなのだけど、パーツの構成や強度、組み立て手順などいろいろ検討しないといけないことも多々…なんとか今月中には完成させたいのだけどね。coldsweats01

PR

| | コメント (42) | トラックバック (0)

#053 Dewey,Huey&Louie 完成

映画「サイレントランニング」からメンテナンスロボットの"Dewey"「デューイ」、 "Huey"「ヒューイ」と"Louie"「ルーイ」です。

157





2012年に作った"01Dewey"「デューイ」のリメイクと"02Huey"「ヒューイ」と"03Louie"「ルーイ」の追加を行いました。

160


①指示線(山折・谷折・抜き)の色形を最近の統一されたものに合わせる。②「接合箇所」を色を濃くして影を演出する最近の手法を適用。③組み立て手順の見直しとパーツの変更。④ブルーレイなど新資料で明らかになったディテールの修正と追加。を行っています。

158

"01Dewey"「デューイ」、"02Huey"「ヒューイ」と"03Louie"「ルーイ」で色が異なるだけでサクッとできるかなと思ったらそれぞれ細かい部分がかなり異なっていたのでちょっと手間取りました。

162

159


特に今回は各ドローンのボディの色にこだわってみました。実際の映画ではもうちょっと暗い色なのかな…若干映画のものより明るく、かといって派手すぎない色わいろいろ探してみました。(写真だとちょっと派手に感じるかもですが実際の型紙ではだいぶ落ち着いた感じだと思います)

E1


E2


E3

型紙はA4で4枚が3体分…12枚となりました。

製作記事 How to make→01020304

ということで期間中応援のコメントをいただいたMorrisさん、迷える人さん、まつさん、島崎さん、maskedriderさん、ムズさん、mole-manさん、うめさんさん、オジさん、TACBONさん、Jamesさん、まんぼう!さん、ドラゴン斎藤さん、小池さん、Oyaさん、どんすかさん、Christopher Tuckerさん、オッチョコさん、Jesús Muñoz del Pino さん、コバさん、ゆうじさん、パオさんさん、写真屋まささん、ショパン3世さん、takaさん、しおりんさん、Kunimimiさん、Abさん、Mortisさん、castaways_jpさん、ゲンタロウさん、Revell-Fanさん、A.S.D.K2さん、ゆゆさん、Jonさん、ミトさん、wtさん、よしを☆すたーさん、Hiroさん、夜魔さん、aboabo さん、zenさん、ペパクライケダさん、masaさん、fuzukiさん、じぃにゃんさん、ちゃちゃいさん、Karlさん、Yoshi-Yoshiさん、KEIZOさん、Fujimori.mさん、みにみさん、 ありがとうございます! 無事#053 Dewey,Huey&Louie 完成です。…型紙へのリンクメールを送りました。(Yoshi-Yoshiさん、A.S.D.K2さん、Revell-Fanさん メールが届かないようです。アドレスや設定の確認出来たらお願いします。)

161

PR

| | コメント (73) | トラックバック (0)

Dewey,Huey&Louieの組み立て(4)

映画「サイレントランニング」の"Dewey"「デューイ」、 "Huey"「ヒューイ」と"Louie"「ルーイ」のペーパークラフト組み立てです。
最後の難関(?)の腕を作っていきます。以前作った"Dewey"「デューイ」の組み立てと「ほぼ」同じなのでそちら(→ここ)も参考にしてもらえばと思います。

127_2

↑まずはボディの腕取り付け基部です。パーツは127~131です。127aに127bを箱状にしたものを取り付けます。128は筒状にに丸めるようにして組み立てます。129は筒状にして127aに取り付けます。筒状に半円形の出っ張りがある形に組み立てた130に二つ折りにして裏表貼り合わせにした131を差し込んでシリンダーにします。

128

↑ボディの正面の腕取付穴を128の太さに合わせて調整します。きつめに設計しているので若干丸やすりで穴を大きくします。

129

↑130と131の間は隙間が大きくて安定しないので紙片をかませてみました。以前作った時の記事にも詳しく書きましたが穴の位置に会うように131の長さを調節します。

130

↑127a+127bに129を取り付けたものを貼り付けます。130+131のシリンダーも取り付けます。128は腕側のパーツに取り付けるのでそのままにしておきます。


131

↑腕の上腕部を作ります。パーツは132~135です。カット折り曲げを行っています。


132

↑132は出っ張りのある筒状にします。132bも筒状にします。134は巻き上げて丸棒状にします。133と135は裏表貼り合わせ、コの字状にします。135の穴を134が通せるように丸やすりで調整しました。


133

↑133の先端部分に132bを差し込んで取り付けます。135の穴に通した134の両端に糊を着けて133で挟むようにして関節を作ります。

134

↑二の腕の部分の下側のシリンダーの組み立てです。パーツは136~139です。136と137は筒状にします。138は二つ折りして裏表の貼り合わせです。137の先端に139を向きに注意して取り付けます。端の部分は後で132aの出っ張り部分を挟むようにして取り付けます。

135

↑137+139の先端に138を取り付けます。139に挟むようにして132aを取り付けます。132b~135の関節に136を取り付けます。136に137を、132aを132bを差し込むようして取り付けますが糊付けは136と137だけにして関節が可動するようにします。(132aを132bは糊付けしないで差し込むだけ)

136

↑こんな感じになります。3体分作ります。

137

↑上腕のフレーム部分です。パーツは140aと141です。140は二つの四角柱が二つ折りにして裏表貼り合わせにした中央部で繋がっている形です。出っ張った部分に注意して組み立てます。141は筒状に組み立てます。

138

↑132b~139に140aを取りつけます。基部とシリンダーの所にのりを着けています。141を135の長くなった部分を通しつつフレームに取り付けます。

139

↑こんな感じになります。3体分作ります。

140

↑続いて前腕部のフレーム。パーツは140bと142、143です。140bは140a同様に二つの四角柱が二つ折りにして裏表貼り合わせにした中央部で繋がっている形に組み立てます。142は丸めて丸棒状にします。143は写真のようにコの字状に折り曲げて上部の丸い穴の部分を貼り合わせる感じに組み立てます。


141

↑140bの下に出っ張った肘になる関節部分は小さな穴を開けるのですがこの部分は写真のように穴を開けた後「瞬間接着剤」を染み込ませて紙を硬化させると強度が出ます。必要に応じて補強パーツ140cと140dを出っ張りの部分に使ってください。(必要ないかな)


142

↑142が「通せる」ように穴を丸やすり等でやするなどして調整します。


143

↑142に143を通します(接着はしません)。さらに143を挟むように140bを通します()接着はしません。最後に140aの出っ張り部分で142を挟み込むようにして接着します


144
145

↑こんな感じになります。3体分作ります。

146

↑続いて前腕部のシリンダー。パーツは144~146です。144と145は丸めて円筒形にします。146は二つ折りにして貼り合わせにします。146を145に差し込むようにして貼り付けて、それを144に差し込むようにして貼り付けます。144から145の先端を5mm位出した感じの長さにします。

147

↑132~143に取り付けます。140bの溝の中に埋まる感じに貼り付けます。140bの描きこみのシリンダー部分を倒すようにして貼り付けます。

148

↑こんな感じになります。3体分作ります。

149

↑腕のカバー部分です。パーツは147と148です。箱状に組み立てた147にかまぼこ型に組み立てた148を貼り付けます。

150

↑カバー部裏側に糊を着けて腕に取り付けます。

151

↑腕部分を簡略版にする場合は"Louie"「ルーイ」の型紙にあるパーツ「129~146'」を箱状に組み立ててそこに腕カバー部を取り付けます。

152_2

↑手の部分を作ります。パーツは149~158です。149は広くなった部分を筒状にし、四角く作った150に挟むようにして貼り付けます。151は巻いて丸棒状にします。152はドーナツ状に組みたて153の裏に貼り付けます。154はリング状に組み立てます。155もリング状に組み立てて156に貼り付けます。157と158は底の部分が半円形になるように起こして二つ折りにして貼り合わせます。"Huey"「ヒューイ」は劇中で長い爪のアタッチメントを使用する場面があったので3種類の爪を用意してみました。選んで取り付けてください。)

153

154

↑149+150は腕部分に貼り付けます。152+153の152の穴の部分に151を差し込むようにして貼り付けます。さらに上面には154を取り付けます。中心部分に155+156に157と158を取り付けた爪を取り付けます。出来上がったら151の部分を149+150に差し込みます。(またはボディのアタッチメント収納部分の穴に差し込みます)

155

↑おまけパーツです。トランプと苗木、スコップは二つ折りにして貼り合わせて切り抜きます。ジョウロは160を丸めて取っ手部分を後方下側に糊付け、下面に161、上面に162を貼り付けます。リング状にした164に凸状に曲げた165を取り付けて筒状にした168の先端に取り付けます。168を160に取り付けます。3体分作ります。


156

↑こんな感じです。腕の基部の関節部分(133)に128を糊付けします。

157

↑腕並びに小物をボディにセットして完成です。

158

PR


| | コメント (3) | トラックバック (0)

«Dewey,Huey&Louieの組み立て(3)